整体xコロナワクチン接種体験記

ガス中毒 整体

ワクチン3回目やお子さんの接種について、どうしようか迷っている方は多いと思います。

個人的には「絶対に打たないでほしい」と願いますが、

このページでは、心底打ちたくなかった私が、打たなければならない状況になったので、接種後、体の観察と処置を行った体験をお伝えしています。

今回のワクチンは、目立った副反応がなくとも体に及ぼす影響はとても大きいと感じました。

中には数ヶ月影響が残っている方もいらっしゃるようなので、以前接種した方もチェックしてみて下さい。

今後の世の中を考える上で、ご参考になれば幸いです。

前提

コロナやワクチンに対する私の考え方はこちらで書いています。

整体では風邪を偏り疲労の調整機能として活用しようとするくらいですから、効果も分からない行き過ぎた感染対策によって生活や健康が脅かされるのは本末転倒、というより百害あって一利なしだと考えています。

一般には「デマ」とされ、ほとんど認知されていないようですが、今回のワクチンの危険性は当初から警鐘が鳴らされ続けています。

色々な意見があるのは当然ですが、マスメディアの情報に大きな偏りがあること、強制や分断を助長する風潮、日本の行く末、子供への悪影響を懸念しています。

こんな時こそ、心身を整えて乗り切りたいですね。

私の住んでいるところの状況

被害の大きかった欧米を始めとした各国でもコロナ規制は緩和・撤廃されてきている流れです。

ところがずっと厳しい0コロナ政策が採られていた当地では、ここにきて急激な感染拡大に伴い、

先月末からワクチンパスポートが始まり、未接種者は、スーパー、市場を含むほとんど全ての施設に入場できなくなりました。

違反した場合は15万円程度の罰金が課せられます。

レストランその他の施設に入れないくらいであれば打つつもりはなかったのですが、食料や日用品すら買えないとなるとかなり困る、というか生きていけないので、仕方なく打つことに決めました。

生きてる内にこんな迫害に遭うとは思いませんでした。。

帰国その他の選択肢を検討したのですが遺憾です。

日本でもまだ感染対策や接種が奨励されているようで、同調圧力もかなり嫌ですが、国家権力による強制とはやはり意味合いが異なります。

ワクパスが決まった一ヶ月は、どうしようか悩みすぎて具合が悪くなりました。

心労は体を蝕みますね

追記(2022年9月):悩むのではなく、具体的な抜け道を冷静に探すべきだったと反省しています。2回目の期限ギリギリでインドに引っ越すことになり、九死に一生を得ましたが、本当に恐怖でした。

日本では強制力はありませんので、避けられないということはないはずです。法改正の流れに気をつけて下さい。

世界中で死亡や後遺症が続々と報告されていることから、ほとんどの国でワクチンやマスク等の規制は撤廃されており、未だにやっているのは日本とアジアの数カ国くらいです。インドでももうほぼ終了しています。マスコミが報じないので、そのことすら知らない日本人が多いようで、CDCや製薬会社がいいお客さんとばかりに日本にブランチを作るそうですね。いい加減にして欲しいものです。

この記事を読んでくれぐれも、整体をやっている人が打ってるんだから大丈夫だろうとか、解毒すればなんとかなりそう、ということは考えないで下さいね。人によっては直後に亡くなったり、重篤な後遺症が残ることもあるようです。当然回数を重ねるたびにリスクは高まります。

大人は情報収集力や判断力など自己責任の面が大きいですが、子供には絶対にやめてください。

騒動の不可解さ

薄々感じている人も多くなってきているとは思いますが、やはりおかしなことが多すぎますよね。

たくさんありますが、全体的なことで言えば、効果があるかも分からない対策に単年度で77兆円だそうで。。ただでさえ税収減で困っている国民の借金となります。

東日本大震災の復興が10年で32兆円だそうなので、いかに莫大か分かります。

さらに2億回の接種を行った結果は(因果関係は分かりませんが時期的に)、というと他のコロナ自体の影響は少なかった国々同様、死者・感染者の増加。。デマ、陰謀論と叩かれながら警鐘を鳴らし続けて下さっていた方々の言っていた通りになっています。(逆にテレビの言うことはコロコロ変わっていませんか?みんなが2回接種すれば元の生活に戻れるからと協力した方も多いと思いますが、対策は継続、すでに3回目4回目の話になっています)

コロナが流行っていると言われた2020年の超過死亡はマイナス→接種開始時期あたりからプラス転換→2021年の超過死亡は6万人以上。

ワクチン打ったのになんで。。?

いや普通に考えて打ったからでは。。

心理学では「サンクコスト効果」といって、すでに支払ったコストに気をとられ、合理的な判断ができなくなってしまう心理効果が知られていますが、まさに今は「これだけやったんだから間違ってたはずはない」と方向転換できなくなってる状態なのかもしれません。

多くの犠牲を払って、77兆円失って、辛い思いをして、やらないほうが結果は良かったかもしれないなんて、だれも思いたくないのは当然です。

マスコミは言わないのかもしれませんが、子供への接種が禁止になった国も多いですし、むしろ接種するほど罹りやすくなる、重症化しやすくなるというデータも見かけます。データというのは恣意的に操作できるのでそれほど信用してませんが、整体的にも今回のワクチンでは体がかなり乱れますので当たり前のように思います。

済んだことはしょうがないですが、3回目や子供への接種、ほんとによくお考え下さいね。

コロナ関連や国際情勢を含め、センセーショナルな報道が多く感情が動かされがちですが、

整体では「表面の訴えは聞くな」と言われます。

ニュースや発信を見る時も同様で、意図や誘導、それによって起こる流れを読む必要があると思います。

接種後の反応

前置きが長くなりましたが、ここからは接種後の体の反応です。

前情報として今回のワクチンでは、以下を中心に乱れることが自分でみた方や他の先生方からの情報から分かっていました。

これほど広範囲に体が乱れるのは、前代未聞です。

そりゃ打ちたくないよ。。

これだけ体に負担をかければ風邪も引くだろうし、他の病気にもなるだろうよ。。実際様々な有害事象が報告されていますが、だいたい下記に関連した疾患で、整体の観察とも矛盾がないので、とてもデマとは思えません。

  • 化膿活点(免疫)
  • 頭部(ガス中毒)
  • 盲腸(排泄)
  • 胸椎4番左1側(心臓・中毒)
  • 腹心還流(心臓ー肝臓の血液循環)
  • 腹部第5調律点(肝臓・解毒)
  • 胸椎9番右1側2側3側(肝臓・解毒)
  • 胸椎7番左1側(免疫)
  • 胸椎8番右1側(副腎)
  • 右足2指3指間(中毒)
  • 腹部第4調律点(消化器・心臓)
  • 胸椎10番(腎臓)
  • 胸椎11番(卵巣・生殖器)
  • 腰椎2番3番のねじれ
  • 骨盤のねじれ
  • 頚椎6番(甲状腺)
  • 尾骨(打撲・呼吸器・生殖器)
  • 仙尾関節(心臓)
  • 剣状突起左(液体中毒)

さて、接種直後病院にて、

上記のポイントを中心に観ていきます。

この中のいくつかに出るのかな-と思いきや、

全部!?

むしろ上記に加えて、頚椎1番2番、腰椎4番、仙腸関節、股関節なんかもつかえてた気が。ほとんど全身ですよ。。

どこもかしこも、びっくりするほど気が通らない、真っ黒な感じです。

特に頭のガス中毒の急所が気を通そうとするとガーンと拒絶するような感覚があります。

「うわーこりゃひどいな。。」

お医者様がた、ヒポクラテスの誓い「なによりもまず害をなすなかれ」をお忘れかーーー!?

健康な人々に、害なしまくりですけど。。

人間の自然破壊やめてくれーー

私も痛いとかはそれほどなかったので、症状として自覚していなくても、体に影響が出ている人は多いと思います。

ほんとは熱など出せるとまだ調整になっていいと思うのですが、私は鈍かったのか必要なかったのか、出ませんでした。

熱が出た場合は、普通の風邪同様、きちんと経過を全うして下さいね。

解熱剤等は逆に体を乱すことが多いですからご注意下さい。

整体の観察では症状が出る前段階のものも見ます。

有害事象や後遺症は基本的に接種直後の症状しか関連が認められませんが(それすら認められないことも多いようですが)、時間が経っていても、色々な症状に繋がることは十分にあり得ます。

色々な情報が錯綜する中で、なにが本当なのかは分かりませんが、

自分で体感して確かめたことは、少なくとも自分の中では事実です。

整体的な観察を判断基準の一つとして情報を取捨選択したり、対処法を身に着けて、自分や家族、大切な人たちの健康を守れる人が増えることを願っています。

接種後の処置

接種後の手当てはこちらで解説してますが、

今回自分の体で確かめてみて、正直こんなにさらっとした愉気では不十分だと感じました。

打った方をあまり脅してもいけないと思い、マイルドな表現をしていましたが、

もしどうしても打たざるを得ない場合は、

覚悟と気合いを入れて取り組む必要があります。

「気が通る」とは?

気がつかえるところに愉気するのが、自分で行う手当ての基本です。

簡単には、その場所に手を当てて、楽に呼吸が出来ると「気が通る」と言えます。

息がつかえる感じがする時は異常なので、そこに愉気していきます。

その部分の呼吸を感じるつもりで、じーっと集注します。

楽に呼吸ができるようになるまで。

つかえとは

背骨には誰でも焦点があって、

大人なら、胸椎部に1点→腰椎部に1点→頚椎部に1点出てくるのが普通の状態です。

背中を見た時、胸椎部に焦点があるのが普通の大人、元気な子供なら腰椎部にあります。

ところが接種後は、上記の通り背骨の色んな場所でつかえていました。

最近街ゆく人を見ると、老若男女問わず、頭か首あたり、とにかく気が上がっています。

長引く不安や対策のストレスもあるかもしれませんが、ワクチンの影響が残って、頭にずっと気が上がってる状態になってるのでは?と思ってしまいました。

愉気の方向

愉気や行気(自分に対する愉気)をする際、気を体癖方向に合わせると通りやすいのですが、おかしくなってるところというのは、本来の体癖方向とズレていたり、他のところより浅くなっています。

そういうところが、気が通らない、つかえてる、と感じるわけですが、その方向や長さに合わせて気を通していくと、スムーズに気が通りやすいです。

余談ですが、会話というのも愉気と考えると、まずは相手の体癖方向(感受性の方向)や息の長さに合わせると話が通じやすいです。体への愉気もこれと全く同じことが起こります。

ニュートラルな状態の人はどんな言い方でも通じるのですが、偏って固まっている人には、まずその方向で話をしないと通じないのと同様です。

今回の場合、全て狂っているところは、8種→10種方向にズレていました。

私の場合、本来その日は4種9種6種のはずなので、最初は4種が出ているべきところ、8種方向でないと通らない、8種が満ちたら今度は10種が出てきて、ようやく本来の4種に戻る、という経過でした。

これが何を意味するのかは分かりませんが、今回のワクチンは従来のワクチンと比べて、泌尿器と生殖器への影響が大きいということに何か関係があるのかもしれません。

(通常の予防接種後は、化膿活点・盲腸・肝臓の処置くらいでだいたい事足りるようですので、今回のものは明らかに異常です)

私だけかもしれないので、分かる方は確かめてみて下さい。

体の観察

病院ではざざっと応急処置的に行気をして、家に帰って調べましたが、

一番気になったのは、右骨盤が異常に下がって右足首と脛骨腓骨間が拡がって太くなり、右足が驚くほど長くなってました。。これほどの左右差を感じたのは初めてです。

さらにざざっととはいえ、ついさっき通ったはずの急所がまた全部つかえています。。

今度は気合を入れてやりましたが、かなりの集注と時間を要しました。

自分で処置する場合に、特に重要だと思ったのは、

  • 化膿活点
  • ガス中毒
  • 盲腸
  • 腹心還流
  • 卵巣行気
  • 右足首の調整

ですので、やり方は後述します。

もちろん個人差はあり、私の体は結構影響を受けやすいのかもしれませんが、あんな状態になったのは初めてみました。

右の上前腸骨棘ががたっと下に落ちて、骨盤がぐにゃっとねじれて、骨盤内の臓器もねじれてる感じがしたのですが、

盲腸の愉気をじーっとやってるとグググっと持ち上がってくる感じがありました。

かなりじっくりやらないと通らなかったです。。

卵巣も相当ねじれてる感じがしましたが、行気をしてると内臓と骨盤が上がって、左右の足の長さもだいたい揃いました。

背骨は、自分では触れないので脊椎行気を行います。

頭部、背骨の上から下まで、お腹の調律点にも全て気が通ればOKです。

ふぅーー やりきった!

としばらく寝たのですが、起きてみてみると、

なんと!

全部戻ってるーーー!!?なんじゃこりゃあ!!

もう一度愉気をやり直します。。

さっきよりかは、心なしか通るのが早い気もするけど、疲れた。。

しばらくしてみると、

ひぇーー また戻ってる!

というのを半日で5回くらい繰り返し、

やばい、これエンドレスだったらどうしよう。。

と不安になりつつ、就寝。

翌日起きたら、ほとんどつかえがなくなってたので、

ほっと一安心。

しかし3日目には、またつかえが出てきてぞっとしました。。

ただだいぶ軽くはなってる印象です。

4日目もちらほら出てましたが、すぐに正常に戻る感じ。

5日目以降は本調子ではないものの、微調整でなんとかなる感じで、ほとんど抜けたな、と思っていましたが、10日目に遠くまで歩いて疲れたら、また乱れていました。

いつまで続くんでしょう、しつこいですねー。

プロの操法を受けてる方でも2~3ヶ月くらいは強く影響が残ってるそうですし、しばらくは観察を続けていこうと思います。

整体協会の機関紙に「ワクチンを打った後は、闇の体になって、だんだん光の体に戻っていく」ということが書かれていて、???と思ってたのですが、まさにそんな感じで、

闇とのせめぎ合いって感じでした。

その間、いわゆる副反応的な症状はほとんど出なくて、頭がちょっと痛いのと、関節がぎくしゃくする、イライラする、ガスが溜まる、くらいだったので、おそらく体を観察していなければ「副反応はほとんどなかった」と感じるのだと思います。

元気な人は自力で回復する場合もあるのだと思いますが、数ヶ月経っても影響がそのまま残っているという話も聞いています。

ワクチンを打った方は、どれだけ前であっても、ガス中毒の急所、盲腸、腹心還流あたりを確かめてみて下さい。

気が通らない場合は、まだ影響が抜けてない可能性がありますから、愉気を行ってみて下さい。

信頼できる先生が見つかるといいですが、やはり自分での観察&処置は大切だなと思いました。

愉気では影響を軽減する効果しか期待できませんし一度体に入れたものは元には戻せません。 不安になってる方も多いので脅したくはないのですが、子供の接種までも宣伝されている状況です。「整体をすれば大丈夫」というように、安易には考えないでくださいね。どうしても避けられない状況になった時には覚えておいた方がいいという意味です。

薬はリスク・ベネフィットを考慮して、と言われますが、

ベネフィットばかりを強調して、リスクをほとんど伝えないメディアを信用し続ければ、最悪生死に関わります。短期的な副反応や予防効果だけではなく、中長期的なリスクを考慮して下さい。到底何度も打っていいようなものとは思えませんでした。

特に子供や若い人は、死亡や重症化リスクはとても低いようなので、打つベネフィットがあるとは私には思えませんが、リスクは未知数です。

人間は風邪を引きながら成長していくことが大切です。

打たない人に罪悪感を感じさせる演出もされているようですが、風邪を引く引かない、重症化するしないは本人の体の状態によります。他人のためという圧力のために、ご自身や子供を犠牲にする必要はありません。

これはどちらにも言えることではありますが、良かれと思った判断が健康を阻害することがないよう祈ります。

接種後の処置

つかえやすいポイントは、人それぞれだと思いますが、

  • 化膿活点
  • ガス中毒
  • 盲腸
  • 腹心還流(肝臓-心臓)

は毒物が入った時にまず見ておくポイントかな、と思います。

その他前述したポイントを中心に、卵巣や腎臓、呼吸器等、気になる調整を行うと良さそうです。

接種後しばらくは、体に負担のかかることを避け、水分をとってゆっくり過ごすのも大切です。

体を整えるという意味では入浴や足湯も使えるのですが、接種直後の入浴中に亡くなるケースがあるようなので、当日翌日は控えるのが安心かもしれません。

迷った時は三脈護身術をお試し下さい。(接種直後に亡くなるケースもあるようですから、接種前に診るようにして下さい。というか、避けられるなら避けるに越したことはないと考えます)

化膿活点

予防接種後はもちろん、風邪のひき始めや、虫刺され、毒蛇、外傷など毒が入った時にまず押さえるのが化膿活点です。やけどや日焼けにも。

最初の免疫反応が起こった時に行うとかなり効果が期待できます。

腫れがひいたり、治りが早くなることが多いですし、傷や炎症が痛むときなども押さえると楽になります。

場所は図の通りですが、弾くと痛いコリコリがあります。

場所が分からなければそのあたりを手のひらで包む感じで触れて、ちょっと肩の方に持ち上げる感じで、気を通します。

化膿活点

ガス中毒

ガス中毒の急所は普段そんなに使うことはないと思いますが(喫煙者には急所になるようです)、今回のワクチンはここに大きく影響が出ました。

右耳の上端の線を指先でたどると、スポッとはまる穴が頭部第4調律点で、その1cmくらい下にあるのがガス中毒の急所です。

*追記:これは資料から推測して私が感じた場所ですが、左右頭部第4調律点の内側の2点だというご指摘をいただきました。ありがとうございます!

私はプロではありませんし、経験もありません。書いていることは野口整体の見解ではなく個人的な感想です。

なので間違いに気付いた方はどんどん訂正をいただけると大変ありがたいです。

正しくは、こちらを参考になさって下さい。

化学物質の排泄 〜セルフ整体〜
《セルフ整体》化学物質の排泄公害による体調不良や薬物中毒、医薬品による薬害など、また手術時の麻酔のあとなど…科学物質の排泄を促進するところが頭部にあります。処は「角の下」と呼びますが、頭頂部後方の左右

虫垂(盲腸)

虫垂は昔は無用の長物と考えられていましたが、最近の研究では腸内細菌のバランスをとるなど免疫に重要な役割を果たすことが分かってきたようです

整体では昔から免疫に重要なことは知られており、むやみに取るなと言われてきましたが、ようやくエビデンスが出てきたようで、喜ばしいことですね。

整体は勘と経験則なので早いですが、科学はデータとエビデンスが必要なので時間がかかります。

同じ人間の健康を対象にしているならば、本来相反するものではありません。

今回のワクチンに関しても、賛否両論ありますが、警鐘を鳴らしている専門家の意見やデータは整体の見解と矛盾するものではありません。これまでの医療や薬害の歴史を見ても、主流が必ずしも正しいとは言えません。

盲腸は、予防接種後や放射能被爆の影響を軽減する場合に使われる急所です。

おへそから右斜めにスッと降りたところにすぽっと止まるところ、腸の始まりの部分です。

仰向けがやりやすいですが、そこに両指先を当てて、おへその方向に掻き揚げるように気を通します。

ガスが溜まったときにも排泄を促します。

虫垂

腹心還流

右肋骨下をみぞおち辺りからスーッとなぞると、スポッとはまる穴が腹部第5調律点です。

肝臓(解毒)の急所で、よく使いますから覚えておいて下さい。右肩に向かって愉気します。

飲みすぎ、食べすぎ、食中毒、月経中、花粉症など、排泄を促したい時にも便利です。

腹心還流は肝臓と心臓の血液の循環を促します。

仰向けになって、腹部第5あたりに右掌、心臓に左掌を軽く当てて、右手⇔左手への気を通してみて、どちらもスムーズに通ればOKです。

つかえがある場合は楽に気が通るまで愉気をします。

腹部第5調律点

卵巣行気

卵巣行気は、女性が生理が終わった日に行うといい行気です。

場所は、上前腸骨棘(骨盤の出っ張ったところ)から恥骨に向かってスッと降りたところ、恥骨の端から3cmくらい上です。(絵の位置よりもうちょっと下、内側かも)

左右ともに足の裏の湧泉まで気が通っていて、呼吸をすると左右が同じように感じられる状態であればOKです。

今回骨盤がかなりねじれてしまったのと連動して、卵巣もひどくねじれたように感じたので行気を行いました。

接種後の月経不順や不正出血等が報告されているようですが、無理もないと感じましたし、妊婦さんへの接種など他の薬剤であれば非常に慎重になるところ、どうしてこれほど影響の出る薬物の接種には警戒感が少ないのか不思議でなりません。

左右同じように呼吸している感じになるまで、気を通していきます。

男性の場合は、腎臓に愉気するといいかもしれません。

卵巣

足首の調整

自分の体で特に気になったのは右足首及び脛骨腓骨間の拡がりと右骨盤の下がりです。

通常足の裏の重心は拇指球にありますが、右足の重心が外側に流れて親指が浮いたような状態になってしまいました。

食べ過ぎや飲みすぎでこうなる場合もありますが、内臓に負担がかかり、副交感神経に異常が出ていることを表します。

野口整体の分派である二宮整体では、

左骨盤を締めて交感神経の働きを高め、右骨盤を挙げて副交感神経の働きを調整することを重視しているそうで、愉気していたらだいぶよくなりました。

これだけで不調が改善することも多いそうなので、普段から調整しておくと良さそうです。

〈簡単で理論的で誰にでも出来る二宮整体〉 今回は左の骨盤を締めることでこの夏の暑さを乗り切ろう! 左の骨盤を締めると自律神経の内の交感神経が高まり泌尿器系、大脳系、循環器が活発に働きます。 次に骨盤の締め方を動画でみていただきましょう。 | By 二宮式整体研究会四国本部 | Facebook
〈簡単で理論的で誰にでも出来る二宮整体〉 今回は左の骨盤を締めることでこの夏の暑さを乗り切ろう! 左の骨盤を締めると自律神経の内の交感神経が高まり泌尿器系、大脳系、循環器が活発に働きます。 次に骨盤の締め方を動画でみていただきましょう。
〈簡単で理論的で誰にでも出来る二宮式整体〉 暑い夏、エアコン、冷たい食べ物、飲み物で身体を冷やし右の骨盤が下がりガン体質になり、消化器系統、呼吸器系統が疲れ気味になります。 右の骨盤を調整(上げる)することにより改善されます。 前回の動画左の骨盤の可動性を良くするのと今回のとがセットです。... | By 二宮式整体研究会四国本部 | Facebook
〈簡単で理論的で誰にでも出来る二宮式整体〉 暑い夏、エアコン、冷たい食べ物、飲み物で身体を冷やし右の骨盤が下がりガン体質になり、消化器系統、呼吸器系統が疲れ気味になります。 右の骨盤を調整(上げる)することにより改善されます。 前回の動画左の骨盤の可動性を良くするのと今回のとがセットです。...

ただ2週間経った今でもどうしても完全には戻らないのですが、

尾骨の3番(生殖器)が左に曲がっているのに気付いて、そこに愉気したらだいぶ改善した気がします。

引き続き調整を続けていこうと思います。

まとめ

いかがでしたか?

「中長期的はどうなるのか誰にも分からない」と言われているワクチンですが、

実際接種してみて、短期的にも体の乱れを痛感しました。

世界中の人々の体がどうなっているのかと心配になります。

マスコミではほとんど報道されていないようですが、すでに様々な有害事象や後遺症が報告されてるようですし、今後因果関係不明とされる健康被害は増えていくと思います。

製薬会社の広告塔のようになっている専門家やメディアの情報を鵜呑みにするのは論外ですが、逆に先行きの見えない不安にかられて、今の生活を楽しめなくなるのも不健康です。

その時自分にできる最善を尽くし、周りの人と仲良く元気に生きていきたいですね。

追記(2022年9月):

整体では今回のワクチンに限らず害が知られていて、打たない人が多いですが、これまで働けなくなるから打たざるをえないという方も聞いていましたし、世間との摩擦も考え、あまり強く言っていませんでしたが、ブログを読んで下さっている方からも「打った」というお声をいただいて、もっと強く主張すべきだったのかもしれないと反省しました。香港が怖かったというのもありますが、できるならば「怖いから打たない」というのではなく、「必要ないから打たない」と気付いてほしかったのです。

主要メディアはもちろん、GoogleやYoutubeでもワクチンに否定的な情報は表示されないようになっていますので、自分で調べなければ、そういった情報に触れることはありません。

当初から警鐘を鳴らされ続けている免疫学の荒川央先生のお話は、専門家の知見として考慮に値するのではないかと思います。

荒川央 (あらかわ ひろし)|note
1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て分子腫瘍学研究所 (ミラノ)所属

皆様の健康が守られますように。

コメント

  1. Kanade様、いつもお世話になっております。

    Kanade様が打つということはよほどの状況だったのですね。
    わたしも怖い目にあったことがありますが、
    ブログを拝見するに圧力のかけ方が日本の比ではないようですね。
    心中お察しいたします。

    個人的にも今の情勢を見ていると「どうやって回避するか」というより
    「どうやって解毒していくか」ということを
    真剣に考えていかなければならない段階なのだろうなあ、と思っています。

    参考になるかはわかりませんが、下記に世界健康評議会という組織が公表している
    スパイクタンパク質のデトックスガイドのリンクを貼ってみようと思います。

    Spike Protein Detox Guide
    https://worldcouncilforhealth.org/resources/spike-protein-detox-guide/

    わたしにはこれくらいしかできませんが、少しでもお役に立てばうれしいです。
    元気出してくださいね。

    • どろろんろんさん

      いつもありがとうございます(^^)
      そうなんですよ。もちろん避けるのが一番なんですが、日本も法改正やワクパスの動きもちらついてますし、、逃げることで生じる犠牲が大きすぎました。

      「人間はビクビク、クヨクヨする為に産まれたのではない。その証拠にはビクビク、クヨクヨしていると、顔色も悪くなれば、食べものも旨くない。」
      と晴哉先生も言ってますし、できることをやるしかないですね。

      解毒法ありがとうございます。
      松葉茶は海外でも言われてるんですね~香辛料などもあり興味深いです!

      色々とお察しくださりありがとうございます。

  2. 去年は低かった香港の接種率が急に上がったのはそういうことでしたか。すごい速さで接種が進められていると聞きました。皆追い詰められたのですね。。最近は規制が緩くなってきた国もありますが、むこう側がそんなに簡単に諦めるとは到底思えず、とても他人事ではありません。Kanadeさんが困難な状況の中でも情報発信してくださったことで、愉気の大切さを痛感しました。大変感謝しています。

    • そうですね、
      最初はラッキドローで何億の不動産とか、プライベートジェットでの旅行とかのインセンティブで、強制はしないと言ってたんですが、結局どこの国でも聞いたことがない食料日用品の買い物すら不可になりました。まさに、キャンペーン→インセンティブ→罰則という予想通りの流れでした。
      そうですね、今は世界中緩和の流れではありますが、どうなるか分かりませんしお互い気をつけましょう。

  3. いつも読ませていただいています。
    体癖はいまいちよく分かっていない、野口整体に興味がある
    イチ素人です。

    Kanadeさんのように、打ちたくないけど生きていくために仕方なく、
    という場面が、この先自分にも起こりうるかもしれず
    その対抗策としての方法を
    公表していただけるのはとてもありがたいことだと思っています。

    家庭崩壊を避けたいが為に、打ってしまう家族を強く引き止めることも
    出来なかった自分にとって、
    その家族に何が出来るか、いつも考えて行動し続けています。
    家族にとっては、私の行動はとても突飛なものにしか
    見えていないかもしれませんが…

    愉気は自己流ですが、やってみています。
    何となく気持ちが落ち着き、
    ホッとする感覚になるのできっと良い効果が出ているのだと思います。
    素人なので、もしかすると場所は違っているかもしれないけれど
    それがプラシーボなのだとしても
    少なくとも怖い副作用はないですしね。

    なんとかこの状況をみんな無事乗り切ってほしいと願う気持ちから
    自身の体験と、対抗策を教えてくださるKanadeさんの
    ブログを読むことで
    少なくとも私はありがたい気持ちでいっぱいになりました。
    愛がなければできることではないと思います。
    それだけ、緊急事態の度合いが濃くなっているのだとも思いますが、
    改めて警鐘を鳴らしていただき感謝いたします。
    大変な現況の中、情報をお教えいただきありがとうございます。

    • ニジイロさん

      コメントありがとうございます!
      ご家族と意見が合わないことの葛藤、辛いですよね。。お察しします(T_T)
      今回の騒動は「分断」の助長が一番のネックだと思っています。
      解ってもらえないと悲しいですが、、
      なんとか仲良くやっていけるといいですよね。

      そう言っていただけて嬉しいです。
      愉気楽しんでみて下さい~

  4. 御愁傷様です。
    バカなことをなさいました。2-5年後から反応をみましょう。酸化グラフェンとポリエチレングレコ~ルの副反応を味わいましょう。
    ガス中毒の頭の調律点は、一つでなく二点でございます。場所も間違いです。きちんと学んで発信して下さいませ。
    頭部第4の内側です。間違っています。丹羽先生に確認を取られてください。確認出来ない時は野口整体とは一切関わらない方がよろしいかと存じます。

    • ガス中毒の急処間違ってるんですね!訂正ありがとうございます。追記しました。

      きちんとした情報を先生方やベテランの方が発信して下さればいいのですが。。

  5. Kanadeさんが接種されたとのこと、とてもショックです‥(;_;)
    自分がコロナ禍でもなんとかここまでこれたのはKanadeさんの情報発信のおかげです。
    いつの間にか香港はそんなことになっていたのですね。。
    私の住国もいつ政策を覆すかわかりませんから、プロ目線の観察と処置法は大変参考になりました。どうか一日も早く体調が戻リますよう心よりお祈りしています。

    • サイゴンさん

      いつもありがとうございます。
      体調はほぼ戻りましたので、とりあえず大丈夫そうです(^^)
      むしろこの2週間行気をやり込んだので、怪我の功名的な笑

      そうなんです~
      狂気の0コロナ政策で、実際ずっと感染者がほとんどいなかったみたいなんですけど、やっぱり完全に鎖国してるわけでもないので、増えだしたら一気に増えて、、0なんかもう無理なんだから諦めたらいいと思うんですが、大陸政府からのお達しなので。。

      以下もともと本文で書いてたんですけど、愚痴っぽくなるかなと思い削除したけど、やっぱり聞いて下さいーー(T_T)

      ほんとひどくて、お金持ちの外国人はシンガポールにかなり脱出したみたいです。

      そちらもお気をつけて。。

      【私の住んでいるところの状況】

      ワクパスだけでなく、スポーツ中を含め常時マスク着用義務(違反¥75,000)となり、今月末にはロックダウンと全市民強制PCR検査→陽性になると強制隔離施設行きなどの、強行策がとられております。(追記:この計画は無期限延期されたようです。よかった。。)

      一時期はビルの下水を調べて、ウイルスが検出された場合、逃げられないように夜中にビル全体を封鎖して抜き打ちで全住民の強制検査が行われ、陽性の場合2-3時間で荷物をまとめて真夜中にバスで連行されるってこともあり震えました。そこでの食事から食中毒が出たこともあって、あまりの反対で夜中の連行はなくなりましたが。。

      今は陽性者が多いので、収容所ではおそらく知らない人との3人部屋になり、トイレ・シャワー共用の監獄のような狭いプレハブで、一日電気も食料もない状態だったとか、施設が足りないから大陸に送られるのでは、などなかなかホラーな噂が飛び交っていて、

      いやむしろそこで悪化するやろって感じなんですけど、、

      個人的にはその辺はまだなんとか許容できる。。かな

      でもきな臭くて得体の知れないワクチンはかなり嫌。

      (ちなみに私が打ったのはmRNAではないと言われているシノバック製ですが、反応点が同じなので、どれを選んでも大差ないのだろうな、と思っています)

      *ここに書いたのは自分に直接関係のあることだけで、飲食店の時短営業や指定サービス業・施設の営業停止、従業員のワクチン接種義務、集合人数の制限(今はたしか2人まで)、帰国後の強制隔離は自腹で政府指定ホテルで2-3週間など、厳しい措置が続いています。日本の任意や推奨とは異なり、全て罰則付きです。

      またワクチンによる有害事象の発表は随分前から停止されています。

タイトルとURLをコピーしました