コロナ騒動は終わります

コロナ騒動、早く終わらせましょう 未分類

「コロナ、いつになったら終わるんだろう?」

みなさんそう思っていると思います。

実はコロナが終わってないの、日本(と中国)くらいって知ってますか?

情報の偏りにより社会の分断が進んでいます。

知っている方には当たり前の情報になりますが、テレビや新聞のみを情報源にしている方の中には、マスクやワクチンが感染症対策に有効だと信じ、良かれと思ってやっている方が多いようなのです。

むしろ日本人のマスク着用率からすると、そういった方が大半なのかもしれません。

私が住んでいるインドでは、もう誰もワクチンを打ってないしマスクもしてませんが、感染は収束し、コロナはほぼ完全に終了して、ごく普通の生活に戻っています。

世界中がそのようになってきているのに、日本ではいまだにマスクやワクチンを続けています。

欧米では、ワクチン薬害による死者、後遺症が多発しており問題になっています。

日本でも最近初めての訴訟が始まりましたので、これから増えてくるはずです。

世界中で超過死亡が増え続け、SNSには後遺症や亡くなった方の投稿が溢れています。

なぜこれほど重要な情報をだれも知らないのでしょうか?

あまりの惨状に医師たちも立ち上がり始めました。

「接種券が届いたけど、どうしよう」と迷っている方はぜひ最後まで読んでみて下さい。

全く疑問に思っていない方、打ってしまったけど大丈夫かな、と不安な方、スピリチュアルや陰謀論に傾倒している方など、それぞれ見ている情報によって、前提や感覚がかなり違うため、話しが噛み合わず、相互理解が難しくなっています。

このような状況で、主要メディアでは報道されていないけれど重要だと思う情報を共有し、気を付けることを書きたいと思います。

前提

有効性のない感染対策によって、生活が脅かされています。

どう考えてもおかしいことが「当たり前」「しょうがない」になっていませんか?

世界ではもうコロナは終わっていることを知っていますか?

マスクの有効性

おさらいになりますが、マスクが有効だというエビデンスレベルの高い研究はありません。

マスクに感染防止効果がないという信頼性の高い研究は多数報告されてますし、マスクをしていない国々でコロナが収束していて、マスク率ほぼ100%の日本が感染世界一の状況からも、マスクは無意味であることが分かります。

まずそのようなものを、「お願い」と言いながらほとんど強制的にさせていることが問題ですが、みんながしてるから、マナーとしてしているという人が多いのでしょうか?

同調圧力だと思っていたのですが、誰もしていないインドで、なぜか日本人だけがしているところを見ると、純粋にマスクの効果を信じている人が多いのかもしれません。

みんななんでしてるんだろう。。いつも首かしげちゃう

ウイルスはマスクの目より、ずっとずっと小さいので簡単にすり抜けます。コロナが始まって手のひらを返した専門家が多いですが、2020年以前には、彼ら自身がマスクには効果がないと明言していました。

厚生労働省の見解

厚労省によると「屋外でのマスク着用は原則不要」とのことです。

マスクの着用について
マスクの着用について

また「本人の意に反してマスクの着脱を無理強いすることにならないよう」にとのことですから、マスクをしてなくて、だれかに強いられた場合は、このことを教えてあげて下さい。

もうマスクしなくてよくなったんですって!厚労省が言ってますよ!

って言えば大丈夫そう。(別に厚労省に言われなくてもしなくていいんですけどね。。)

マスクの有害性

新鮮な空気を吸えずに息苦しいということももちろんありますが、

精神的にマスクを外せないとか、素顔が怖い子どもたちが増えているようです。

2年半も素顔の表情を見られない生活で、発達にどのような影響があるかも分かりません。

画像

黙食やアクリル板もそうですが、こういった異常なことをいつまでさせるのでしょう?

まず大人が外さなければ子供は外せません。

PCR検査

ウイルスの検査にPCRは無意味と言われており、開発者のキャリー・マリス博士ご自身「PCRを検査に使ってはいけない」と警告していましたが、コロナが始まる直前にお亡くなりになっています。

パパイヤやパイナップル、なんなら水道水でさえ陽性と出ることがあるといいますし、PCRの問題点はいくつも指摘されていますが、要はPCRで感染者数は簡単に操作ができるし、PCRをやめない限り騒動は終わらないということです。

Ct値を高くしてPCR検査数を増やすほど「感染者数」は増える仕組みです。検査数及び閾値を変える事によりコロナ感染者数は容易に操作できます。PCRにはそもそも偽陽性が多いのですが、そのPCRの結果が正しいかどうかは検証されていません。

https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n8f0e3de45cac

ワクチンの有効性

ワクチンの有効性が示されているデータがあれば教えてください。

根拠なく「打ちましょう」と言ってるのしか見たことがないです。

WHOの見解では、現段階では「死んでも天国に行ける」という効果しかないそうです。

ある意味、ものすごい効果ですね!

ワクチンの有害性

ワクチンの有害性は、ワクチン接種が始まる前から、心ある研究者や専門家、医師たちにより警告されてきましたが、その通りのことが起こっています。

ワクチン後遺症

ワクチン後遺症はSNSを検索すれば嫌というほど出てきます。

主要メディアでは報道されず、医者も知らないので病院に行っても、「原因不明」と言われてたらい回しにされ、大変つらい目に遭われているようです。

本人も周りもワクチンとの関連性に気付いていないかもしれませんが、接種後になんとなく体調が悪いという人も増えているようです。

前回大丈夫でも、回数が多くなるほどリスクは高まります。

打てば打つほど、免疫が抑制されて様々な病気に感染しやすくなるとも言われます。

自己免疫疾患や癌が急激に増えています。ワクチン接種後に、体調を崩しやすくなったという方は後遺症の可能性があります。直後ではなく時間差で後遺症が出ることは指摘されています。

なぜそれほどのリスクを犯して接種したいのか、私には本当に分からないのですが、もしまだ周りに打とうとしている方がいたら、こういう情報があることを話してみて下さい。

旅行のキャンペーンなんかもやってますが、「いつ死んでもいいから今を楽しむ!」という覚悟ならば大したものですね。でもたかだか数万円のお金の問題ですよ?まだ生きていたい、健康でいたい人は、そんなことのために命や健康を犠牲にしないで下さい。そもそも効果の分からない、死者が多数出ているものを3回打てば割引なんて、異常でしょう。無料とか割引とか言ってますが、単なる未来への借金です。これ以上国を滅ぼす凶行に加担しないで下さい。

しかも団体では全員が3回接種していなければ、全員割引対象から外れるそうで、分断や従わない人の孤立を煽る、完全な差別・いじめです。

いじめがどうとか人権がどうとか言ってた人たちは、うんとかすんとか言ったらどうでしょうか?

中学生でも3回接種していなければ、修学旅行に参加できない学校もあるそうで、本当に狂気の沙汰としか言いようがありません。

融通の利かない組織に属しながら非接種を貫くのはかなりの精神力を要すると思いますが、もうしばらくの辛抱です。頑張ってください。

自分の周りくらい風通しをよくしておきたいですけどね。あまりにおかしな状態になっているなら、環境を変えるか、なにか行動をおこしてもいいのかも。

接種は各自の自由です。

よく調べ、よく考えて賢明な判断をされるようお願いします。

世界各国続々とデータも出ています。すでに最大規模の薬害になっていることを知って下さい。

だからこそ他国はもう接種などしていないのです。

気付いていない日本が在庫処分場になっています。本当にそんなものを打ち続けるつもりですか?

ワクチン死亡

これも世界各国からデータが出ています。

調べればいくらでも出てきますから、どうかマスコミの言うことを真に受けずに身を守って下さい。ほとんどリスクのない子供への接種など言語道断です。

ただ単に、知らない方が多いのです。

健康だった子どもたちが、亡くなったり、一生治らない障害を負っています。

接種後にご家族を亡くされた方々が、遺族の会を結成し、訴訟を起こされています。

ただ純粋に国や専門家の言うことを信じて、家族のため、人のために良かれと思って接種した、ごく善良な方々が犠牲になっています。このような状況でありながら、まだ接種を推奨するというのは本当に狂気としか思えません。

これ以上、このような悲劇を作らないで下さい。

妊娠中に息子さんの隣でご主人を亡くされた方。

ご主人を亡くされたのに「国を相手に裁判しても負ける」と、とりあってもらえなかった方。

元気だった息子さんを亡くされたお母様。

下記はピアニストの方がワクチンを打ってから、亡くなるまでのツイートをまとめてくださっています。

『3回目接種後にワクチン後遺症に苦しみ、5か月後に亡くなったピアニスト』
Twitterで話題になっていたのでご存知の方もおられるかもしれませんが、ピアニストの荒井千裕さんが3回目のワクチン接種直後から体調を崩され、ワクチン後遺症の…

最初はピアノに関する楽しい話題だったのが、接種後からは異常な体調不良と、理解のないご主人への愚痴へと変わり、保健所、病院の理解も得られず失意のうちに亡くなられています。本当に心が痛みますが、全国で起こっていることだと思います。この方も2回目まではなんでもなかったのに、3回目直後から急激に体調を崩されています。あまり脅したくはないのですが、ここまで言わないと分かってもらえないのかと悲しくなります。

欧米で接種が終わったのは、SNSでこのような情報がたくさん溢れたからです。

大手メディアの情報だけを見ていたのでは、実態は分かりませんし、命に関わります。

問題点

ロットによる毒性の違い

何回打ってもピンピンしてるし大丈夫!という人と、ひどい副反応だった、あるいは一回目で亡くなったという方もいます。

これについてはもちろん本人の免疫や体力によるものも大きいと思いますが、ワクチンのロットによって死者や後遺症の割合が明らかに違うことは当初から指摘されていました。

なかなか陰謀よりな話だなと思ってたのですが、実際厚労省も把握してることだったようです。

死亡や重篤な後遺症が出たロットに偏りがあります。

治験ですからね。。

なので、前に打って大丈夫だったから!というのは通用しません。ラッキーだったと言うだけの話かもしれません。ロシアンルーレットです。

コロナ死の水増し

PCRが陽性であれば、死因が何であってもコロナ死と計上され、水増しされているという問題は当初からよく指摘されてきました。

例えば持病の心臓病で亡くなったとしても、事故で亡くなったとしてもです。

コロナで亡くなったと報告すると病院に補助金が支払われる仕組みのようです。

だからこそ恣意的に操作しにくい超過死亡で見るべきと主張してきました。

事故死→PCR陽性→コロナ死の詐欺

コロナ後遺症かワクチン後遺症か

コロナ後遺症の症状が、ワクチン後遺症と酷似しているため、どちらか判別がつきません。

それをマスコミは問答無用で「コロナ後遺症」として煽っているようです。

日本人の8割が接種しているのだから、今コロナにかかっている方の殆どがワクチン接種者です。ワクチンの後遺症がコロナの後遺症とされている可能性があります。

接種者の方が未接種者よりもコロナ後遺症になりやすいと実感しているお医者様のお話です。

『それ、コロナ後遺症じゃなくてワクチン後遺症じゃない?』
うちの診療所は創立以来110年、肛門科専門施設として診療を行ってきました。 痔疾患をはじめ肛門周囲の皮膚疾患など、肛門疾患を専門にしています。 ところがワクチ…

ブースター接種率と感染率

インドのブースター接種率は2%以下、ブースター接種率が一番高い日本が現在感染世界一という事実だけでも、ブースターがいかに有害かが分かるのではないでしょうか。

他の国のデータでもそのような結果が示されたからこそ、接種が中止されています。

本当にまだやってるのは、日本と中国など、東アジアの数カ国くらいなのです。

他の国が拒否して余ったワクチンをまだ信じている国で在庫処分しようとしているようにしか見えません。だからみんなが気付く前に接種間隔を短くしているのではないでしょうか?

他の薬品もそうらしいですね。他国で禁止されたものが余ったら、なにも疑わない日本で売るってのが横行してるらしい、、?

ちなみにインド人は最初からワクチンが効くなんて思ってる人はだれもいなかったそうです。なぜなら医者がみんな最初から効かないと言っていたから。打たないと働けなくなるから打たざるを得なかったと。。

その結果、ブースター接種2%未満。

インドの医者は政府の圧力や利権より、人々の健康と科学を優先したのですね。

日本の医者は加担してしまいました。。

従っていれば問題はなく、お金も入るからでしょうか。。

単に知らないだけならあまりに勉強不足ですね。

そして今はクレームや訴訟に備えて保険に入ることが推奨されているのだとか。

これじゃ医療をどうにかしないと国が保たないですね。。

誰の意見を参考にするかで、命に関わる時代です。

ブースターするごとに感染しやすくなるということは、理論的にもデータ的にも明らかになっていることです。

私が適当なことを言ってると思う方は、こちらをご覧ください。

当初から声を上げてくださっていた数少ない反対派の日本の先生方と、厚労省や推進派の先生方のどちらに説得力があるか。

  • mRNAワクチンのの致命的な欠陥
  • スパイク蛋白の有毒性と有害性
  • ワクチンの免疫抑制がもたらす功罪
  • 打てば打つほど感染拡大の仕組み
  • ワクチンの免疫より自然免疫が優れている理由
  • 武漢から弱毒オミクロンへの変遷
  • ワクチンを打ち止めれば終わる原理
  • ファイザー社が感染予防効果を調べてもいなかった事実が表面化した件
  • 厚労省発表の感染予防効果は嘘
  • 厚労省がデータ発表をやめた事

これらのことを科学的根拠とデータ、現状に基づいて分かりやすくご説明下さっています。

超過死亡

このことは以前からブログにも書いていますが、 ワクチン接種が始まるまでは、日本の超過死亡はマイナスでした。

ということは、日本人はコロナに対して他の国々よりも免疫があり、日本人にとっては特に死に繋がるような怖い感染症ではなかったということです。

ところがワクチン接種と連動して超過死亡が増えています。

一目瞭然だと思うんだけどな。。

画像

予想通りの展開ではありますが、悲しいことです。

超過死亡の原因として接種後の死亡の可能性も

4回目ワクチン接種でコロナの感染は増加する?

無駄遣い

コロナ対策に293兆円も遣ったとのことですが、その結果が感染者・死者の増加です。

もちろんそのお金は今後の税金で賄われることになります。

当然と言えば当然ですが、、反省して次に繋げましょう。

国の推奨することが必ずしも正しい訳ではないし、メディアの情報には偏りがあり、誘導される危険があるということを覚えておいて下さい。

子どもたちが犠牲に

未来の借金もそうですが、これほど有害無益なワクチンを無知によって打たれている子どもたちがいます。

子供の重症化率、死亡率はほぼ0なのに、今後どのような害が出るかも分からないものを、一体なんのメリットがあって打ちたいのでしょうか、理解に苦しみます。

「黙食」を強いられ、熱中症の危険がある中でもマスクをさせられ、行事を我慢させられ、「友達から感染る」とか「大切な人に感染す」からと脅され、育ち盛りの子供を満足に遊ばせずステイホームさせる。

子供が自然に、健康に育つのを妨げないことが大人の嗜みです。

「仕方がない」で済まされる話でしょうか?

さらに世界中で禁止の方向に進んでいる子供への接種をいまだに進めようとしています。

説得材料はいくらでもあります。

今後、自己免疫疾患や不妊の可能性まである危険な毒物を、「知らなかった」と子供に接種してしまうことがありませんように。

元ファイザーのイードン博士も接種開始前から必死に訴えて下さっていました。

「子供にワクチンを接種させるなんて狂っています。子供の死亡リスクは50倍ですよ、ウィルスそのものよりも。」

情報操作

コロナが始まった当初から情報操作が行われています。

大手マスコミ

特に日本のマスコミの偏向報道はひどいです。

世界ではすでにこのような議論がされていますが、日本は今でも「打つことが当たり前」という風潮を作っているようですね。

また逆効果の可能性は当初から警告されていました。

知らされていないだけということに気付いて下さい。

そもそもファイザー自体が、ワクチンが有効かどうかすら分からなかったことを明かしています

参考にする基準

色々な意見があって、だれを参考にしたらいいのか分からないという場合は、

  • 専門性がある
  • ブレない
  • 予測が当たる
  • 紐付きでない

という基準で見てみて下さい。

中にはタレント医師で免疫学やウイルス学の知識がほとんどないのに、有名というだけでコメンテーターやインフルエンサーになっている場合も多いようです。

見解がブレないということも一つです。状況は変わっていきますので仕方のない面もありますが、だからこその専門家です。

「みんなが2回打って集団免疫ができればコロナは終わる」と言っていた人やメディアは今なんと言っていますか?予測は当たりましたか?

金銭供与が大きければその組織に都合のいいことを言うのは当然です。

ちなみに整体の先生も、クスリの専門家ではありませんが、体の専門家です。当初からワクチン後の体の異変には皆さん気付いて対処されていました。

論文やエビデンスが出るのには時間がかかりますが、体を見ればすぐに分かります。

いつか連携、協力して合理的な医療体制ができるといいですね。

色々な方向から見て矛盾のないことがより真実に近いと推測できます。

専門家の意見、整体の観察、自分の体験、論文、世界のデータ、状況証拠、全てを照らし合わせて「ワクチンは百害あって一利なし」と私は結論付けています。

Google

Googleによる検索アルゴリズムによって、製薬会社に都合のいい情報しか上位表示されず、Youtubeも削除されていることは、前にもブログに書きましたが、国連と世界経済フォーラムが関わっていたようです。

来月(2022年11月)から?GoogleとYouTubeの言論規制が終了し、マスクとワクチンに関する情報を制限しない方針にするそうですが、これまではGoogle検索しても、不都合な情報は表示されないようになっていました。これを知らない人も多かったと思います。

例えば接種後、急激に癌が増えることを表す「ターボ癌」が話題になっていますが、このワードを検索すると、Googleには全く表示されません。

医療関係やコロナ関係情報はTwitterかDuckDuckGoで検索してみて下さい。

ずっと質が高く、多くの情報が得られます。

Twitterも最近イーロン・マスクが買収して検閲を禁止する方向になり、#ワクチン薬害が一部でトレンド入りしたりしてるようですが、これまではかなり情報操作があったようですね。なんで急に緩んできたのかな?抑圧を解いて争いを煽ろうとしてるようにも見えますが。。攻撃的な言動は控えましょう。

SNS

こびナビや有名な医師たちが、有効で安全だからとにかく打て!打たない人はおかしい!といった異常なツイートをしていて、当初は人気だったようですが、最近は結果がこれですから、針の筵になっています。彼らには迷いがないので、ミッションや役割としてやっているのだと思います。本気で相手にする必要はありません。

またSNSを見ていると、どう見てもバイトの人だなぁと思うような投稿があります。特に2021年のワクチンを推進していた時期はとても多かったです。

ワクチンに慎重になった方がいいという投稿には必ず湧いてきて誹謗中傷的な返信がされていました。特徴としては、根拠なく馬鹿にするような内容、というか内容のない似たような誹謗中傷なのでだいたい分かるのですが、気持ちのいいものではないので、多くの人が投稿をやめてしまったと思います。もちろん全てがサクラだとは言いませんが、不安や不満がある時はそうした気に感応しておかしくなってしまう人が多かったようです。気をつけましょう。

ワクチンを推奨したり、慎重になる人たちを差別・弾劾するようなアカウントが大盛況でしたが、今はあまり見かけません。みんなが2回打てば感染が収束すると信じたのに、そうならなかったからでしょうか。2021年は皆狂気に支配されていました。

今はみんな少しずつ気付いて、気付いた人からすーっとフェードアウトしてやめていってる状況です。他の国のように、もうすぐそれが当たり前になるはずですから、今は無知な人たちに白い目で見られることがあるかもしれませんが、少しだけ辛抱しましょう。

ただ日本人はいいお客さんだとばかりに、CDCが日本支社を新設するとの話もあるので、気付かない人には延々と打ち続けるつもりかもしれません。モデルナやファイザーが偽善臭プンプンのCMまで始めたそうですし、テレビはよりスポンサー寄りになりそうですが。。ともかく接種券が届いたからといって、行く義務はありません。

別に行かなくたってなにも起こりませんよ。現に未接種の人にはもう接種券は送られてこないそうです。打った人がターゲットにされてるってことですね。

SNSは玉石混淆で、誘導やマーケティング目的もかなり多いですが、善意で発信して下さってる方もいらっしゃるので、大変ありがたいです。

「どこの誰かも分からないSNSの情報を信じるなんて!」と思う方もいるかもしれませんが、もちろん全面的に信じるわけではなく、情報を取捨選択して自分で考えなければいけません。

文章からは意図や人間性、知性が伝わります。

逆に何を考えてるか分からない、文章の奥に人間が見えないもの、おかしな意図や悪意、誘導を感じるもの、違和感のあるものは警戒して下さい。

ちょっと面白いのがあったので、ご紹介しますね。

「バイト」がいると言いましたが、例えば、

週刊誌『女性自身』の『「友人全員失った」元“反ワクチン”派の女性が語る陰謀論の代償と後悔』という2021/11/14の記事ですが、かなり誘導を感じる違和感のある記事だなーと思っていたら、

「友人全員失った」元“反ワクチン”派の女性が語る陰謀論の代償と後悔 | 女性自身
「元々私は“コロナは存在しない”、“ワクチンは人口を減らすためのもので必要ない”と信じていました。身の回りにコロナに感染したという人がいたら、雇われた“工作員”だと考え『新型コロナのワクチンを打ったら、死んでしまうからワクチンは打たないほうがいい』と周囲の人を説得。その結果、学生時代の友達をみんな失って———。わかった...

ツイッター内での業務連絡のやり取りが残されていて、バイトだとバレてしまったようです。

1件いくらとかで、投稿するバイトのことで、アマゾンのレビューなんかにもありますが、SNSにはバイトやサクラも含まれます。当然主要メディアや週刊誌も同様です。このように情報とは当たり前に操作されていることは知っておいて下さい。テレビにも「クライシスアクター」と呼ばれる人たちがいるそうですよ。

でも、ちょっと疑問に思ってググってもこういう記事しか上位表示されないので、きっと信じてしまう人もいますよね。「やっぱり反ワクは洗脳されてるんだ、可哀想に」みたいに。

本当に心配で家族や友人を止めようとした方々を「反ワクチン」といった言葉でくくり、止めることを躊躇させたり、関係を悪化させたことは非道だと思います。

確かに過激な思想や言動が目立ちますので「デマ」「反ワクチン」「非科学的」「陰謀論者」と思われたくないから近づこうとしない人も多いようですが、ベネフィットもリスクも分からないものに対して慎重になるのは当たり前ではないでしょうか。

逆に「有効で安全」がデマだったことが分かりました。

そのようにレッテルを貼るのは、洗脳の主要な方法の一つで、まともな人をまともな情報から遠ざけるための常套手段ですから、惑わされないようにして下さい。

多角的に情報を集める必要があります。

記事でも「自然派」や「反ワクチン」といった内容を吟味することなく、即バカなものと決めつけるのが常識といった書き方にも悪意を感じますが(笑)、こういう風に思われたくないから隠れキリシタンみたいになってる人も多いと思います。そうなると思うツボですので、思ったことはしっかり発信していくことが大切です。

コロナやワクチンに関わらず、戦争や政治、お金が絡むトピックは、誘導情報が散見されますが、乗らないように気をつけて下さい。

みんなが疑心暗鬼になっちゃって悲しいですね。。

インフルエンサー

芸能人やインフルエンサーのワクチンの見解を参考にする方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それこそ先程の「参考にする人の基準」を満たしているか考えてみて下さい。

芸能人や有名人が当てはまりますか?

  • 専門性がある
  • ブレない
  • 予測が当たる
  • 紐付きでない

彼らはエンターテイナーであって、専門家ではありません。

あまり信用に足る情報ではないことが分かります。テレビのコメンテイターなど最たるものでしょう。

また紐付き=どこかからの金銭供与がある可能性は大きいですよね。テレビ局の意向に沿わなければ仕事がなくなる可能性も高いですし、世間の風潮の逆を言えばファンが減る可能性もあります。

そのような人たちが、あなたの命や健康を本気で考えてくれていると思いますか?

今回、有名な方が全くといっていい程声を上げてくださらなかったことは、とても残念でした。

特に健康に関する発信を行っている方たちや整体を知っている方々ですら、コロナに関しては沈黙してしまったことには考えさせられました。

医者と専門家

テレビに出ている専門家は製薬会社から金銭供与がある場合がほとんどですから、製薬会社にとって不都合なことを言わないのは当然です。そもそも製薬会社はテレビのビッグスポンサーですから、真実を教えてくれるわけではありません。CMだけでなく番組自体も宣伝という認識を持って下さい。無料で娯楽を提供されているのですから、スポンサーの意図に誘導するのは当たり前でしょう。

鵜呑みにしないで下さい。

病院にもコロナはかなり補助金が入るようですし、コロナやワクチンを終わらせたくないという話も聞きますが、もしかするとほとんどの医師は、単になにも知らないだけな気もしています。

そんな中で、声を上げてくださっている先生方もいらっしゃいます。

全国有志医師の会

「全国有志医師の会」がワクチン接種の中止を求めて共同声明を出しています。

日本の医師が医師会の意向に反して、本名で声明を出すというのは並大抵なことではないとお察しします。実際、周辺の病院からの紹介が全くなくなったというお話もありました。それでもこの状況を憂いて立ち上がって下さったお医者様方だと思います。感謝いたします。

公式サイト:https://vmed.jp/

全国有志医師の会からの共同声明

全国有志医師の会は、新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、

及び新型コロナワクチン接種事業の即時中止を強く求めます。

緊 急 声 明

6カ月〜4歳の乳幼児に対する新型コロナワクチン接種について慎重な判断を!

全国有志医師の会では、6カ月〜4歳の乳幼児に対する新型コロナワクチン接種について、ベネフィットよりリスクが大きく上回ると考えます。

全国の乳幼児を持つお母さん、お父さんに強く訴えます。我が子に対する新型コロナワクチン接種について、くれぐれも慎重に判断していただきたいと心から願います。

下記は「東北有志医師の会」のページですが、お医者さんたちも止めている!ということで紹介すれば分かってくれる方も多いはずです。

東北有志医師の会
東北有志医師の会は、子供へのワクチン接種に断固反対します。
再度警告します。4回目以降のコロナワクチン接種には命の危険があるので絶対に打たないようにしてください(11/10一部改訂)
現在、日本ではいわゆる第7波といわれる連日爆発的な新規感染者(正しくはPCR陽性者)のメディア報道がなされて、やはり4回目の追加接種、若い方は3回目の追加接種をした方がいいのかと考えている方も増えてきたかと思います。

本物の専門家

今は本物がよく分かります。

上記討論会や動画の先生方もそうですが、接種開始前から専門家の立場で危険性を訴えて下さっていた先生方が世界でも日本でもいらっしゃいました。

岡田正彦先生も当初からmRNAワクチンに警鐘を鳴らして下さっていましたし、森田洋之先生も行き過ぎた医療に疑問を投げかけて下さっています。

ここには挙げきれませんが、医療ファシズムの嵐が吹き荒れる中、ほとんどの医師や専門家は沈黙してしまいましたが、軸がブレず自らの良心に従って発信して下さっている先生方は本物です。(もちろん色々な立場があると思いますし、全面的に信頼できるのかは分かりませんが、少なくとも現時点までで、経験的に見ても明らかに体に悪影響を与えるワクチンの危険性を周知して下さる先生方はありがたいです)

また情報を共有して下さる皆様には、感謝いたします。

さて村上先生によると、マウスの実験では回数を打つごとに死亡が増え、6回くらい打つといつもマウスは全滅してしまったそうです。

マウスと人間は違いますが、村上教授も当初はまさか3回も4回も打つとは思ってなかったと仰っています。

ブースター接種、特に4回目以降は非常に危険です

免疫学の荒川央先生もよく参考にさせていただいています。

ワクチンを打たないでと言ったり、ブログでも書いてきましたが、なぜこれほど伝わらないのだろう、と苦悩してきました。下記記事には共感しかありません。分かる人にはすぐに分かるのですが。。

世間の目ということであれば、流れが変わってきてますので、もうしばらくの辛抱です。

人はコロナ後の世界の夢を見るか?|荒川央 (あらかわ ひろし)|note
ハリソン・フォード主演の名作SF映画『ブレードランナー』(原作はフィリップ・K・ディックの古典SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』)。舞台は近未来。レプリカント (原作ではアンドロイド) は、人間が避ける惑星開拓といった過酷な労働への従事者として作られました。そしてブレードランナーとは、雇い主を殺して地球へ逃...

危険性については、こちらです。

荒川央 (あらかわ ひろし)|note
1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て分子腫瘍学研究所 (ミラノ)所属

厚生労働省

厚生労働省の公式見解です。

マスコミはいまだに変な宣伝を行っているのかもしれませんが、厚生労働省の公式ページには、

接種は「強制ではなく、副反応のリスクを理解して自らの意思で接種を行い、受けない人にも差別的な扱いをすることがないように」と明記されています。

すでに旅行割や入国手続で差別されてますがね!

マスコミによって作られた強制的な雰囲気を気にする必要はありません。

また「強制ではない」は裏返せば承諾したのだから「自己責任」になるという意味です。

当然その覚悟が必要です。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_booster.html

厚労省は今更ですが、後遺症の調査を始めたようです。

なんらかの症状がある方は、泣き寝入りするのではなく「有志医師の会」への受診をおすすめします。それがこれ以上被害者を増やさないためにもなるはずです。

ワクチン接種後の長引く症状、厚労省が調査へ 新型コロナ | 毎日新聞
 新型コロナウイルスワクチンを接種した後に頭痛や手足のしびれといった症状が長期間続く事例が報告されていることを受け、厚生労働省が実態調査を計画していることが16日までに分かった。これまでに因果関係があると判断されたものはないが、情報を集めて共有し、診療に活用してもらう方針だ。

シェディング

シェディングというのは、接種者から未接種者へなんらかの副反応が伝播する現象です。

直接何人かから聞いてますし、SNSでもかなりいらっしゃるようなので実際にあるのだと思います。

接種後は独特な匂いがするからすぐに分かるとか、接種者の近くに行くとすごく体調が悪くなって寝込んでしまうという方もいらっしゃいます。

また整体の先生の中には、接種者の操法時には頭痛がするということも聞きました。

荒川先生が体験談を募集してらっしゃいますので、感じる方はぜひ研究にご協力なさって下さい。

シェディング体験談募集|荒川央 (あらかわ ひろし)|note
SNSや私のブログのコメント欄でも、コロナワクチン接種者から他者への副反応の伝播をうかがわせる報告が散見されます。いわゆる「シェディング」です。本来の「ワクチンシェディング」とは、生ウイルス (ウイルスそのもの) を使ったワクチンを打った人間がウイルスに感染してしまう事によってウイルスを周囲に放出するという現象です。そ...

なぜこのような状況になっているか

「ワクチンを打たないで」という話をすると、「じゃあなんでこんなことになってるの?」と聞かれます。

それは推測するしかないですし、あまり愉快な話ではないので、できればそういうことではなく「自分の体の自然を大切にして、不自然なものは受け入れない」選択をして欲しかったのですが、いくら止めているつもりでも、打ってしまう方が多く、これが納得できないとテレビの情報に誘導されてしまうのかなと思い、私が違和感を持ったことを書いていこうと思います。

これはほんの一部で、おかしなことが多すぎます。

各国政府の対応

今回の騒動において、各国ではかなり異なった政策がとられたわけですが、ワクチンをほとんど打っていないアフリカの国々では全くと言っていい程コロナの影響を受けていません。

ただ、ワクチンを拒否した大統領がこの短い期間中に6名も亡くなっています。

ご冥福をお祈りいたします。

アフリカやインドは、これまでもワクチン薬害によって苦しめられた経緯があるそうですし、植民地支配によって辛酸を嘗めたことからも当然警戒しているのでしょう。

画像
画像

マスコミの偏向報道

本当に有効な感染対策がしたいのであれば、各国様々な対策を行い、データも出ているのですから、それらを集計して、なにが最善であったのかをはっきりさせて今後に活かすべきですよね。

そういったデータをテレビで見たことがありますか?

子供のワクチン接種を推奨しない、あるいは禁止している国も多いです。

各国の様子も伝えたらいいと思いますが、どうしてしないのでしょう?

また後遺症についての情報もほとんど出ませんよね?

それはないのではなくて、報道されてないだけなのです。

騒動を長引かせたいようにしか見えません。

市長の元へも多くの相談が寄せられているそうですが、なぜ公にならないのでしょう?

陰謀論と事実

私のように、この騒動に疑問を持った方や違和感に気付いた方は、一体何がどうなっているのかを調べると思いますが、そうなるといわゆる「陰謀論」を目にすることになります。

代表的な主張は「この騒動は以前から計画されていたシナリオであり、支配者層による管理社会化の強化と人口削減が目的である」というものです。

コロナよりよっぽど怖いわ!

「そんなわけない!」と思うかもしれませんが、現に「有効性が95%で集団免疫が形成され、コロナは収束する」と国や専門家が言って、国民の8割がワクチンを接種したにも関わらず、逆に感染は拡大し、亡くなったり後遺症が出ている方が大勢いらっしゃるわけです。そしてそのことをほとんど知らされていない状態で推奨され続けているのが現状です。

無意味なマスクや人間的な生活とはかけ離れた生活様式の押し付け、従わない人への迫害、話が変わって続いていくブースター接種、感染者・死者の拡大、世界的な出生率の低下。。

パンデミックが劇的に始まり、救世主のように現れて大絶賛されたワクチンですが、大失敗だった。これが天災だったのか人災だったのかシナリオだったのかは「分からない」というのが現実です。

いずれにせよ、あまり権力や「みんな」を信用しない方が身のため、ということは学びましたね。

どんな時でも、 「デマ」とか「陰謀論」「反ワクチン」とレッテルを貼って議論したり調べない人、 「絶対」ということが分からない状態で、そのように誘導してくる人や安易な選択肢に流されないことを心に留めておきましょう。

「分からない」というのはストレスなので何かを信じた方が楽なのです。ですが科学的に謙虚な態度ではありません。

絶対安全?絶対有効?絶対収束?どっちがデマや!

というわけで反省は次に活かしていきましょう。

確かめようのないことを考えるのは時間の無駄なので、事実と憶測を分けて、分からないことは保留しておくという態度が重要です。

そしてその時々に応じて最適と考えられる行動をとるしかありません。

陰謀論は歴史が長く、奥が深いのでここでは触れませんが、今回の騒動に直接絡んでくる事実をお伝えしておきます。

世界経済フォーラム、ダボス会議

日本ではあまり知られていませんが、世界経済フォーラム(The World Economic Forum;WEF)では毎年、ダボス会議を開き、世界のリーダーが集まって共通の課題を話し合って計画を立て、その計画に沿って世界を動かそうとしています。

「政界、ビジネス界、および社会におけるその他の主要なリーダーと連携し、世界、地域、産業のアジェンダを形成します。 」

世界経済フォーラム
The World Economic Forum is an independent international organization committed to improving the state of the world by engaging business, political, academic an...

「また国連と世界経済フォーラムは持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた実行を加速させることで戦略的パートナーシップを締結しています。」

要は世界で足並みを揃えて同じ目標に向かって計画を進めていこう、ということですね。

世界を俯瞰して見る必要があるのは、コロナ騒動をはじめとした様々な流れが、この世界的な計画に沿っている可能性があるためです。

当然これが日本の政治・経済にも反映されています。

コモンズプロジェクト ロックフェラー財団

コモンズプロジェクトとは、ロックフェラー財団の支援で設立された組織で、日本にも2020年7月に設置され、いわゆるワクチンパスポートの導入を目指していたようです。

下記の『コモンズプロジェクト』の公式サイトでは、慶應やNHK、経済団体、航空会社等が名を連ねていますので、これらの企業や団体はワクチンパスポートを推進しようとしていることが分かります。

報道が全てワクチン礼賛一辺倒だったり、企業が主導してワクチン接種を進めたのも、それぞれの団体のトップに圧力がかかっていたからでしょう。

ロックフェラーというと、反射的に陰謀論!と思う人がいるかも知れませんが、このように普通に日本の財界に影響を与えている団体です。

コモンズ・プロジェクト | IHJ Programs
「公共財としてのデジタルインフラおよびサービス」を構築することをミッションに、世界で活動するスイスの非営利組織「コモンズ・プロジェクト」。ワクチン接種履歴や検査結果等の健康情報をデジタル記録するための国際規格「SMART Health Cards」(スマートヘルスカード)をはじめ、安全な往来と社会・経済・文化活動の再開...

グレートリセット

2021年のダボス会議のテーマは、グレートリセットでした。

グレート・リセット(Great Reset)とは、いまの社会全体を構成するさまざまなシステムを、いったんすべてリセットすることを示す。

いま、我々が生活する世界は、さまざまな金融システム、社会経済システムのもとに動いている。

こうしたシステムの多くは、第二次世界大戦以降につくられてきたものだ。我々の生き方や働き方の基本方針は、これらのシステムによって決定されていると言っても過言ではない。しかし、既存のシステムのすべてが完璧だったわけではなく、現代社会が抱える多くのひずみも生み出してきた。

さまざまな問題を解決するために、これまで当たり前であったシステムを白紙に戻し、まったく新しい仕組みを一からつくり出していくことこそが、グレート・リセットである。より公平で持続可能な社会を実現するため、世界経済フォーラム(WEF)が打ち出している。

https://eleminist.com/article/1117

だそうです。

SDGsもそうですが、このグレートリセットやNWO(New World Order)の解釈で憶測が飛び交っています。

嬉々として新しい生活様式やマスク、ワクチン、ワクチンパスポートを全世界同じスローガンで、こぞって推進しましたが、計画ありきだったか、コロナに乗じてだったのかは推測するしかありません。

ただ陰謀などではなく、世界のトップが世界の動向を話し合い、様々な計画を実行していることは事実です。

彼らなりのミッションがあるのだと思います。

今回の騒動については、1992年に開かれたサミットで採択された「アジェンダ21」に沿って進められているとの見方があります。

表向き「貧困の撲滅や環境汚染対策など、将来への持続可能な文明を実現するための国際的な行動指針」とされていますが、そのためには「人口の調整が有効である」と発言している著名人もいて、例えばビル・ゲイツなんかはTEDでも公言していますが、彼の財団はワクチン事業も行っています。

要は、地球環境を守るには人を減らす必要があり、それを彼らの管理の基に行おうということなんですかね。

巻き込まれたくない場合は、乗らないのが一番!

プランデミック

コロナがプランデミック、すなわち計画されていた騒動かどうかは分かりません。

しかし例えば10年以上前の書籍やYoutubeに「中国から発生した感染症により世界中の人々に予防接種が行われる」といった内容があり、正に今の状況が描かれていることは事実です。

さらにそういった話には疫病・戦争・飢饉によって人口が減るといった内容も含まれます。

現に疫病と戦争が起こってますので、これから食糧危機が起こる可能性があると考えるのは特別突飛な考えとも思いません。というより、そのように煽ってくる可能性が高いと思います。

実際コロナをいまだにやってるのは日本と中国くらいで、世界では燃料費高騰等による食糧危機問題へ焦点がシフトしています。

竹中平蔵もダボス会議から帰った2022年の5月に食糧危機に対する懸念を表しています。

欧州では大規模デモが行われていますし、日本も物価が上がっています。

コロナ騒動を見ていると、だいたい日本は欧米の半年~遅れのようなので、読みやすいといえば読みやすいかもしれませんね。

とはいえ田舎で自給自足をするわけでもなければ、水や食料、燃料の備蓄をするくらいしか物理的な対策はないですが、、 自国の農家・農業は大切にしましょう。

昆虫食や人工肉等が宣伝され始めているので気持ち悪いです。。

普段から食べ過ぎに気を付けて消化吸収力を高めて燃費のいい体にしておくのが一番の対策かもしれません。

耳が痛い!

コロナ同様、煽りがあると思いますが、どうせあることないこと不安を煽ってなにかに誘導するのが目的だと思うので、乗らないようにしましょうね。冷静になっていればそんなに心配することではないと思います。コロナもそうですが、不安の種を蒔いて、群集心理をコントロールしながら大きく育ててほんとの危機にしてしまう、というのが彼らのやり方のようですから、心配しなければ大丈夫。

パターンがあるので「あーまたか」と思ってれば。娯楽や教育で潜在意識に植え付けておく(バイオハザードetc.)→不安の種を蒔く(未知のウイルス怖い)→パニックを煽る(テレビで虚偽報道)→不安を取り除く救世主(ワクチン)→本物の危機

加担しないのが第一。できるだけ巻き込まれないように。

「サル痘」もじわじわ煽られてますが、コロナワクチンを打った後に天然痘ワクチンを打つのは危ないそうなので、気をつけて下さい。(サル痘など普通はかからない病気だけど、ブースターをすると免疫が落ちるみたいなので、今のうちに体を整えておきましょう)

コロナで病院に行くと処方されるらしい新薬モルヌピラビル(ラゲブリオ)にもご注意下さい。

コロナ治療薬モルヌピラビルの危険性|みおき純|note
モルヌピラビル(製品名:ラゲブリオ) メルク社の開発したコロナ新薬モルヌピラビル(製品名:ラゲブリオ)は安全性も有効性も十分に確認されていない薬です。が、アメリカで緊急承認されたことで日本でも緊急承認されてしまいました(製薬利権による既定路線です)。これからひょっとしたらあなたも処方される機会があるかもしれないので...

結局は風邪の対策と同じでいいと思うのですが、なぜかコロナは特別で、普段薬を飲まない方でも飲んだりするようなのです。もちろん自己判断をなさればいいわけですが、一応知っておくと違うと思うので。

また接種後に帯状疱疹が増えていることで、帯状疱疹ワクチンまで勧められているようですが、帯状疱疹は体の悲鳴ですから、止めてはいけません。

当然インフルのワクチンも打つ必要はありません。

さらにこれほど被害を出しているmRNAワクチンで、今度はmRNAのがんワクチンなるものまで売り出そうとしているようで、もうここまで来ると、なんと言ってよいのやら。。売る方も売る方ですが、騙される方も騙される方としか言えませんね。自分の身は自分で守るしかありません。

なんだか注意と心配することばかりで、健康的ではないですが「こんな胡散臭いワクチンなんて誰が打つんだろう」と当初思っていた私の常識は常識ではなく、もっとはっきりと注意喚起をしなかったことを反省してますので、一応お伝えしておきます。

このような情報などなくても、感覚的に「危ない」と感じて避けた人もいるし、不安になる情報は見ないのが健康的です。

ただテレビの偏向報道があまりにひどいようですし、命と健康に関わることでもありますので、その対症療法として書いています。

テレビもネットも見なければこの2年半、普通の平和な日常だったはず。実際そのようにしてほとんど影響を受けずに過ごしている方たちもいます。とはいえ組織に属しているとなかなかそうも言えないのが辛いところですが。。

これから煽られる食糧危機のシナリオは下記のような感じですかね。

疫病、戦争、飢饉はいつもこのように「引き起こされてきた」可能性があるとのこと。

こういう情報は恐れるためではなく、予め知っておけば誘導に加担せずに済むからお伝えしています。一方的で不自然な誘導には乗らないで下さい。

エネルギー危機、食糧不足、物価インフレ、移民急増は「大飢饉へのお膳立て」【米国思想リーダー】 | CLIP

人工ウイルス説

ウイルス自体が人工のものであるとの論文が複数出ています。

荒川先生も論文を発表されてますし、noteでも書いておられましたが、変異の仕方がどう見ても自然のものではないとのことです。

スピリチュアル エンタメ陰謀論

「騙されてたんだ!この世界は狂ってる!目覚めた!」となった人へのトラップが「スピリチュアル」や「エンタメ陰謀論」です。

貧困、病、孤独等からくる不安が宗教への入り口になっていることはよく指摘されますが、今の世の中はまさに宗教が流行る素地ができています。

日本古来の宗教は、明治維新で変容、戦後に破壊されてしまってあまり機能してませんし、新興宗教は怖いというイメージがある人は多いと思います。

そこで傾倒するのが「スピリチュアル」や「エンタメ陰謀論」等でしょうか。

スピや陰謀論も色々あるようで、一概には否定しませんが「アセンション」「日ユ同祖論」「カタカムナ」 「宇宙人」「フラットアース」「子宮系」みたいな話も、エンタメとして見ればいいのかもしれませんが、テレビの娯楽同様、イデオロギーを植え付けて誘導されることも多いし、おかしな宗教への入り口になっている場合も多いようですから、気をつけて下さい。

DS(ディープステート)、軍産複合体、医産複合体、ロックフェラー、ロスチャイルド、イルミナティ、フリーメイソン等もざっと構造は知っておくと良いかもしれませんが(要は各国政府を国際金融資本が牛耳ってコントロールしてるみたいな話)、これらは盾であると言われますし、あまり深入りするとまた変な方向に誘導されそうですね。

陰謀論には明らかなトンデモも混ざってたり、胡散臭さを醸し出してるのでまともな人は近寄ろうとしないんですね。それが狙いとも聞くけど、、

  • マーケティングが上手い
  • 誰にでも分かりやすい
  • 確かめようがない
  • 常識的ではないお金がかかる

情報は警戒したほうがいいかもしれません。

私も宗教は好きで、色々調べたりするんですが、なかなかトラップが多いですね。。 玉石混淆。

もしすでに陰謀論にハマっている方は、霜月やよいさんのブログかnoteを読んでみると、概念が変わるかもしれません。

霜月やよい|note
古代の遺跡や文献に残る「幾何学」や「象徴」、時代によっては魔術師と呼ばれた者たちの「言葉」や「数」をお伝えする現代の魔女。 空飛ぶホウキをペンに持ち替え、本やブログの執筆、Youtubeの動画作成などを通して「古き智慧」を訳しお届けします。 どうぞよろしくお願いいたしま〜す!

法改正とワクチンパスポート

今は日本の感染対策に法的強制力はなく、マスクをしなくてもワクチンを打たなくても、特に罰則があるわけではありません。

正直罰則もないのに従い続けるというのは、世界の常識からすると、かなり異様に見えています。

ワクチンに関しては、欧州では辞職してでも回避する人も多く、ワクパスに対する反対の大規模デモが頻発していたくらいですので。

日本でも会社にいられなくなるからと打った方も聞いてますので(強制は違法なんですけどね)、なんとも言えませんが。。

打ちたくない方は断る勇気を。

以下は弁護士さんの見解です。さすがにいまだに強制してくる職場はないと思いたいですが、、ご参考になさって下さい。

『コロナワクチンの接種拒否・接種したら解雇は違法? 弁護士が解説』

  • 法律上、予防接種を受ける義務はない
  • 業務命令によっても予防接種は強制できない
  • ワクチン接種拒否を理由とする解雇は無効
  • 接種問題で解雇されそうな場合の対処法 など

ちなみに海外では接種を拒否して解雇された方々はすでに裁判で勝訴し、復職されているようです。

マイナンバーが推奨されてますが、将来は、銀行口座、保険証、年金またはベーシックインカム、パスポート等が一元管理され、カードやアプリでは紛失したり何かと問題が起こるので、チップを注射しましょうなんてことになったりするのかもしれません。予防接種記録も登録されることでしょう。

そうなると、接種を受けない人は社会サービスが受けられなくなる可能性もないとは言えません。

当然接種だけでなく、あらゆることにおいて、政府の意向に逆らえなくなる可能性がありますね。

この辺は憶測ですが、世界のワクパスや中国の監視社会を見てると楽観視できません。

この中国の子供のAI教育の実験、私には恐怖ですけど、皆さんはどうでしょう?

反対派の人達は「マスクなんてやだー!」って駄々こねてるわけじゃないんですよ。こういう世界への入り口になる可能性を警戒してるんです。

ちなみに世界経済フォーラムの世界観とは以下のような感じです。

チップに関しても「陰謀」とかじゃなくて、シュワブ会長自ら公言しています。

日本のムーンショットなんかもWEFの意向に基づいて計画されてますね。

ワクチンパスポートが導入されると?

世界では今回ワクチンパスポートが導入され、未接種者は施設に入れなかったり、移動の制限等の差別と迫害を受けました。

これも日本では報道されてなかったようなので、知らない人も多いのかもしれませんが、 本当に世界の状況は酷かったんです。日本は強制ではないという意味で、かなり恵まれていたと思います。だから気付かない人が多かったのでしょうか。。

香港でもレストランに入れなくなり、会社に入れなくなり、スーパーにも入れなくなったので、食品や日用品を買うことすらできなくなりました。有害事象の公表がされなくなり、言論統制下にあって逮捕監禁されますので、反対や批判をすることもできません。

ワクチンの安全性も有効性も分からず、これほどの死者と後遺症を出しているにも関わらず。

非道な話です。

  • 最初は恐怖を煽って、打ちたがる人に打つ。
  • 次はプライベートジェットの旅や高級不動産のラッキードローでインセンティブに釣られた人に。(←日本イマココ)
  • 最後まで打たなかった人はワクパスで追い込まれました。

差別や迫害は自分がされないと分かりません。政府主導ですが、実際に行うのは市民です。だからこそ家族や身近な人、できるだけ多く人の理解が大切。「接種したから関係ない」「個人の自由」と思ってる人は浅はかです。個人の自由がなくなることが問題なのだから。

法改正の動き

憲法改正の議論が起こってますね。

軍事関連で煽ってますが、同時に緊急事態宣言条項がつけば、他国のようにワクチン他の強制が行われる可能性がありますので、お気をつけ下さい。

今後騒動の闇が表に出てくると、反対派が多くなって世論が二分されるかもしれません。

昔から分割統治は植民地支配の基本と言いますから、国民同士で争うことは避けたいですね。

対策によって被害を被った人やワクチン後遺症がある人は怒るだろうし、反対派は迫害されてきたし、生活の不安や、やり場のない怒りなど、エネルギーが余っています。

そんな時に火種ができると暴走してしまうことがあります。

香港の国安法も最初は平和的なデモから始まり、最終的には逮捕されてリーダーを失った過激派が暴徒化し、それを利用する形で制定されました。過激な行動は工作員が誘導していた、という噂も。

またそういった法律があると政策への批判は犯罪になりますので、自由に発信もできなくなります。

コロナ騒動が始まってすぐに、契約していたVPN(発信元を分からなくするシステム)が使えなくなり、ぞっとしました。今となってはそんなに心配することはなかった気がしますが、国安法の時に捕まっている人も多かったので、発信や個人間のメールでさえなんとなく気を使ってしまいました。

こうやって自由がなくなっていくのだなと実感しましたね。

香港ではマスクの着用は罰金10万円近くの義務なので、日本のようにノーマスク派とマスク警察等、市民同士の争いはありませんでした。今後例えばなんらかの争いが激化した時に、こんなことなら国に決めてほしい、といった形で法規制が進むということもありえます。争うべきは国民どうしではありません。

戦争の火種となる宗教対立や民族対立、隣国嫌悪もいつも煽られて起こっていますし、右翼左翼、保守リベラル、メディアの中で行われる差別やレッテル貼り、オリンピックを始めとしたスポーツもそうでしょうか、いつも対立構造が作られて、小さな世界を分断し、比較によって優越感や劣等感を植え付けて、不満のはけ口が隣人に向けられます。それは民衆どうしが対立してくれると矛先が上に向かず本質に目が行かないため、誘導やコントロールが容易になるためと言われます。だからこそ、色々なところに火種を準備しておくのですかね。問題の本質、作っている元を見るべきです。今回もいつの間にか「ノーマスク派vsマスク警察」や「反ワクチン派vs推進派」「接種者vs非接種者」等分かりやすい対立構造が作られてましたので、少し気になっています。また最近なぜか急に言論統制が緩まってきたり過激な言動も目立ちます。怒るのは当然ではあるのですが、怒りや対立は利用されやすいので、矛先を間違えず、エネルギーを社会が良くなる方向に向けたいですね。

これを機に良心的な自然派医師が増えますように。

自分の健康に責任を持つ人が増えますように。

こういうのも今なら陰謀論と一笑に付せません。経験的にも信憑性がありすぎます。。自然療法は何十年も迫害され続けて、西洋医学が体を壊すことを分かっていても何も言えません。薬のせいなのか、昔の人に比べてどんどん体が弱くなってる気が。。

考えたくないことですが、世界は善意だけで成り立っているわけではなく、非道がまかり通っている可能性は考慮しておかなければなりません。(公開されている事実として、国連の土地はロックフェラーの寄付により購入されています

歴史に学べば、いつもやり方は同じです。

またワクチン反対派の先生方をサポートしている参政党ですが、今のところありがたいのですが、少し警戒してしまいます。ずっと迫害されてきた反対派の人にとっては救世主のように見えているかもしれませんが、どっちに転んでもいいように法改正への布石という可能性も否定はできません。一つのことが賛成できるからと言って全て信用できるわけではありませんし、なにかに寄りかかってしまうと足元をすくわれます。

*トランプやイーロン・マスク同様、すがるような方たちが気になっただけで、あくまで盲信・依存しないように、という話です。参政党についてはよく知りません。ただマーケティングがやたら上手い人は個人的にあまり信用しないことにしているというのはあります。また普通の人は、社会の大多数に反することは非常に怖いはずなのですが、迷いも怖れもないように見えるのはなにかミッションがあるのでは、と勘ぐってしまいます。まぁ政治家はハラでは何を考えてるか分からない人が多いですしね。その点で、今後どうなるかは分かりませんが、今のところ有志医師の会は純粋な志で活動しているように見えます。

追記:やはり参政党の方は、仲良しのようです。

なんだか気が重い&トラップが多くて嫌になりますが、違和感を大切にして乗り切りましょう。

追記:危惧してた通り、ワクパスを条約にしようとしてますね。

「次のパンデミック」まで予告してるし。。

身近な人への伝え方

ここまで読んでくださった方は、コロナ騒動のおかしさやワクチンの危険性を十分理解していただけたと思います。

そこで今度は家族や身近な人へも知らせたいけど、どうやって伝えよう?と思われるのではないでしょうか。

ただ伝え方によっては、関係が悪化したという話も聞いています。

洗脳

コロナ騒動に疑問を持つ人達の間で、騒動やワクチンを信じて疑わない人は「洗脳されている」と表現されることがあります。

そこで洗脳について調べてみました。

洗脳の本質とは「視野を狭める」ことです。相手の思考をコントロールしやすくするためには、外部からの情報を与えず考える際の選択肢を無くし、判断する力を失わせることが最も効率的です。

洗脳の解き方について解説|洗脳のメカニズムとやってはいけないこと

まさに情報鎖国された日本ですね。。世界の情報を与えず、反対意見を封殺して、とにかく「打て打て打て」と言い続けて選択肢を無くし、判断する力を失わせる

また視野を狭める原因は、

  • 同じ人としか話をしない
  • 根拠に乏しい情報しか見ない
  • 「善い」「悪い」でしか判断しない

だそうで、まさにな状況なのですが、「根拠」を「権威」とか「多数」に置いている人は、まさか「国」や「みんな」が間違っているはずがない、というところから脱せないのかもしれません。

先の戦時中の状況を思い出していただければと思います。

戦争に反対した人が非国民と言われたり(=非接種の人を差別・迫害)、影響力のある作家や芸術家がプロパガンダに協力した(=芸能人やインフルエンサーがワクチンを勧めた)のも同様ですが、同じ構造になってると気付いていますか?

大本営発表が正しかったでしょうか?

報道されてないだけで、根拠として、たくさんのデータや論文が出ています。こういった隠蔽も昔と全く変わってませんね。ただ昔と違うのは、現代では一般人でも情報を求めれば得られます。

「違和感」を感じたら調べましょう。これを機に、色々なことに気付いて良い方向に進むことを祈ります

Twitterやネットも自分の思想を強化して視野が狭くなるから気をつけなきゃね!当然陰謀論に触れる時も同様の態度が必要です。分からない時は保留。

洗脳された家族に接するときやってはいけないこと

「家族が洗脳されているのでは?」と思ったとき、相手を想うあまり以下のことをしてしまう人がいます。

・頭ごなしに否定

・相手に合わせて肯定する

これらの行為は行なわないでください。洗脳を行なっている加害者は、家族など身近な人の助言で洗脳が解けないように引きはがそうとしてきます。

「デマ」や「陰謀論」には耳を傾けないようにしましょう~てやつな!まんますぎてびびるわ

上記を行なってしまうと被害者との信頼関係が崩れて、家から出て行ってしまったり、自分の今の考えが認められていると感じてしまいあなたも洗脳されてしまいます。

自分がおかしいのかな?って思えてきちゃいますよね。。

否定も肯定もせず、たたそばにいてあげるだけでも、相手に安心を与えて考えを正すきっかけができます。

洗脳されている状態では、思想が完全に洗脳した相手に傾倒しているため、上記の方法で洗脳を解く段階に踏み込むまで、非常に険しい道のりになる可能性が高いです。

まずは、洗脳を解くきっかけを与えてあげる必要があります。

テレビを信じて疑わない家族や知人の洗脳を解くことが本当に大変だって話はあちこちで聞きます。(逆にワクチンに慎重になってる人を洗脳されてると思い込む傾向あり)

その場で「分かった」と言っても、結局打ってしまったという人も多いです。

どんなに馬鹿げたことでも繰り返し繰り返し聞かされると、無意識に刷り込まれてしまうというのは洗脳の基本なので、毎日毎日メディアから情報が流れ続けるというのは、本当に分が悪いのです。意識してるうちはまだいいのですが「当たり前」になってしまうと無意識に入ります。

だからテレビのつけっぱなしなんかが一番良くないんですね。

おかしな観念が無意識に入ってしまうと、例えばコロナはもう別に怖くないけど、「当たり前に」マスクをして、「当たり前に」定期接種をする、というような状態になってしまいます。常識や慣習になり、疑うことが難しくなると厄介なのです。

洗脳を解く方法は?

洗脳を解くには「視野を狭める」ことの逆を行なうのが効果的です。つまり「視野を広げる」ことが洗脳を解くカギです。

客観的な視点を取り戻す

自分を俯瞰して見ることは洗脳を解くうえで非常に有効です。冷静な判断ができるようになり、次第に洗脳が解けていきます。
洗脳する側は必ず「こうすれば絶対に救われる」「こうすれば絶対にうまくいく」という都合のいい情報だけを刷り込もうとします。
それに対し「それが本当に正しいのか?」「根拠はあるのか?」など疑問を持つことが大切です。

まんまテレビやん!「ワクチン打てば絶対収束する」って言ってなかった?根拠なく。

二元論的な判断を止める

二元論的な判断は冷静な思考の妨げになります。また、自分が「悪」側と思ったとき、自分を否定するきっかけを作ってしまいます。
結果的に心の隙や自分を「悪」だと思う気持ちが、洗脳する側に付け入る隙を与えてしまうのです。二元論的な判断に囚われがちな場合は、「どちらでもよい」という曖昧さを持つことも大切です。

未接種者やマスクしてない人を悪者扱いしてたような。。それで守られると信じてるなら人に押し付けるのはおかしいですよね。

さまざまな人の話を聞く

特定の誰かだけに傾倒せず、さまざまな人の話を聞くことで色々な考え方や知識を身に着けることができます。また、周りの意見から自分の信じていたことが覆されるきっかけにもなります。

最初はテレビを信じてた人たちも、Twitterで様々な情報や意見を聞いて洗脳が解けてる人も多かったですよ。逆はほとんど聞いたことがない。

洗脳を解くのは一筋縄ではいかない

洗脳されている状態では、思想が完全に洗脳した相手に傾倒しているため、上記の方法で洗脳を解く段階に踏み込むまで、非常に険しい道のりになる可能性が高いです。
まずは、洗脳を解くきっかけを与えてあげる必要があります。

そのために有効なのは、洗脳した相手の実態を調査し、知ってもらうことです。

1種

とのことですので、やはりテレビや国や製薬会社、国連他の実態を知ってもらうのが一番ですね。

全く知らないだけの方には、データとか難しいことを持ち出して必死に説得するより「世界中で亡くなってる人とか後遺症の人が多くて、接種中止になってるみたい」と言って、このあたりの動画を見せれば、「やめる」という方も多いようです。そろそろやめたい人も多いですし、初期の頃のような反応はされないと思います。

こちらも明快にまとめて説明してくださってます~

若い人はこれで大丈夫だと思うけど、国や医者、薬を心底信じて頼ってるお年寄りに伝えるのは酷な気がしますよね。。しょうがない場合もあると思いますが、、その方の感受性に合わせて伝えてみて下さい。

インド人はみんな口を揃えて「私は神様に守られてるから大丈夫。死んでも神様の思し召しだから」とあんまり死ぬのを怖れてない様子。宗教を奪われた日本人の不安定と医療・科学信仰も関係してるかな。

まだ打とうと考えている方へ

日本でも全体的な接種率はかなり下がっているみたいで、もう信じてる人は少ない証左であるとは思います。みんな打ったのに感染が収束しない現状をみれば当然ですよね。

そしてここまで読んで、まだ打とうと思う人はさすがにいないと思いますが、一応最後に、ナカムラクリニックさんの、家族の4回目を阻止したい方向けの説得用記事「4回目を打つ人へ」を貼っておきますね。

分かってる方は見ないことをおすすめします。

私も最後まで見てないですが、人間は理性より感情のほうが強いことを考えると、こういうショッキングなものが有効なのかもしれません。

ただコロナの恐怖を煽るなと言っておいて、ワクチンの恐怖を煽るのもなーという気がするし、結局恐怖で動いた人は、本質的には変わらないんですよね。

それでも現時点では、どう考えてもワクチンは打たない方がいいので、避けてほしいと願います。

4回目を打つ人へ|中村 篤史/ナカムラクリニック|note
「突然のメッセージを失礼します。主人が4回目のワクチンを打つつもりで予約まで入れてしまいました。やめさせたいのですが、私からはうまく説明ができず困っています。全国には私と同じような悩みを持つ人がたくさんいると思います。どうかお力を貸してください。 実は私自身、ほんの3か月ほど前に目覚めたばかりです。私たち夫婦は2人暮ら...

ワクチンを打った方へ

ワクチンの危険性を調べ始めたら、打ってしまったけど怖くなったという方も多いと思います。

怖い情報

整体では〇〇と思い込むとそうなる、と言われていますので、例えば後遺症の症状を見ているうちにそんな気になってきた、ということがあるかもしれません。病気の宣伝って全部そうですが、呪いになっちゃうんですよね。

だからコロナやワクチンに関わらず、怖い情報はなるべく見ない方が健康にいいのは間違いありません。

このノセボ効果が分かっているので、整体や代替医療系の専門家でも薬やワクチンについて悪いことを言わない人が多いのだと思っています。(単にマスコミを信じてるとか知らないだけの可能性もありますが、プロであれば体を観れば分かるはず。クライアントさんを不安にさせないようにする配慮だと思ってたけど、保身なのかな?皆さん沈黙していてよく分かりません。)

 

良いものと思って打つ方が害は少ないですからね。。でもプラシーボ・ノセボ効果を加味してもさすがに害がありすぎます。

逆に、ワクチンを疑わずに打った方は体調不良でも絶対にワクチンのせいだとは認めない傾向があるようで、本当に難しい問題です。認知的不協和&サンクコスト効果でしょうか。。

打ってる方が多い中で、どのようにお伝えするべきか苦悩してきましたが、エンドレスかと思うようなブースター接種と、コロナが終わっても次々と起こってくるであろう問題に、その都度誘導される方が多いのでは困ります。

例えばテレビを見て、ウクライナ=善、ロシア=悪を信じて、ウクライナに義援金を送ってしまったような方は本当に注意して下さい。それは、火に油を注ぐ行為です。あなたの送ったお金が軍事産業を潤し、戦争に加担する可能性を認識して下さい。エネルギーを注ぐほど問題は長引きます。この問題もかなり報道に偏向があるようです。

可哀想な美少女に同情してロシア許すまじ!と思った方は「ナイラ証言」をお調べ下さい。

もちろんウクライナの人たちは可哀想ですが、戦争に巻き込まれた人たちは皆可哀想です。

中立を崩せば、巻き込まれる可能性は高まります。

センセーショナルなニュースで感情が動いた時は「誘導では?」と自分の感覚を疑って下さい。表面ではなく、意図や流れを読みましょう。気持ちは分かりますが、よく調べてからにした方が身のためということです。ワクチンも戦争も。

知っていれば避けられること、備えられることもありますよね。

後遺症やシェディングで苦しんでいる方

普通のお医者さんに診てもらっても、原因をワクチンと診断してくれることはまずないと思います。お近くの全国有志医師の会の医師に相談してみるといいかもしれません。

全国有志医師の会
全国有志医師の会の公式ホームページです。科学的根拠を基に新型コロナウイルス感染症対策の抜本的変更、及び新型コロナワクチン接種事業の即時中止を強く求めています

ただ、イベルメクチンを処方されることが多いようですが、体がかなり乱れているはずですし、対症療法の投薬では根本的な解決は難しいのではないかと思います。イベルメクチン自体に関しても賛否両論あって、私には判断がつきません。

鍼灸や整体など、しっかり観察と対処ができる専門家にお願いするのが良いかと思いますが、医師以上に知識や技術に差がある世界です。(逆に良い治療家を探すいい機会とも言えるかもしれません。)

解毒の方法なども色々取り上げられているので、ご興味がある方はお調べになって下さい。

これまた商売になってるものもあるので気をつけて

しかし何かに頼ることを続けていては、結局いつまでも同じです。やはり基本は自助共助で体を整えることですから、まずはご自身やご家族で活元運動や愉気、足湯等をお試しになってみてはいかがでしょうか? 整体では、自分の力で治ったものでなければ本当に治ったとは考えません。

【ワクチン・予防接種後にやっておくべき対処法】副反応軽減、野口整体、愉気

生命力と免疫

コロナにしても、ワクチンにしてもやはり一番大切なのはご自身の生命力と免疫、心身の状態です。

ワクチンを打っても平気だったという方は、ラッキー&元気だったのだと思いますし、これ以上は打たないようにして、楽しく過ごしましょう。

そして少しでも余裕があれば、周りにも伝えておくと、いざという時にも協力し合えると思います。

原爆の後は何十年も草一本生えないと言われたけど、5年も経てば元に戻ったそうです。

生命力・回復力というのは大したものですから、心配しなくても大丈夫。

これを機会に色々学んで、賢く、強くなれるといいですね。

しばらく混沌とした世界になると思いますが、心身を整えて乗り切りましょう。

自然派医師たちの著書

野口晴哉先生の『風邪の効用』ももちろんおすすめですが、

最近お亡くなりになった医師達のご著書を読んでみてはいかがでしょうか?

今の社会に大切なことを訴えてこられた先生方だと思います。

2021年5月 藤田紘一郎先生 (寄生虫博士 免疫学者『手を洗いすぎてはいけない~超清潔志向が人類を滅ぼす』他)

2021年9月 宗像久男先生 (統合医学で健康になる会会長『その生活がガンなのです』他)

2021年10月 母里啓子先生 (ワクチン研究者『もうワクチンはやめなさい』他)

2021年11月 真弓定夫医師(小児科医『医者いらず、クスリいらずの健康法』他)

2022年8月 近藤誠医師 (癌治療 セカンドオピニオン『ワクチン副作用の恐怖』他)

また2016年12月に亡くなった安保徹教授も、薬に頼らず健康を保つことを訴え続けて下さっていました。

ご冥福をお祈りいたします。

『疑問を呈した医師達が次々に亡くなっていく』
私が若くて、何も知識が無かった頃。風邪をひくと、必ず、病院へ行った。その職場は、職業的にも人員的にも、休むことが悪だったので、病院へ行って薬をもらって、さっさ…

まとめ

いかがでしたか?

人と社会はフラクタルですので、コロナ騒動は社会の風邪と観ることもできます。

風邪の経過を全うすると、鈍った部分、偏った疲労が調整されます。

アフリカは風邪を引かなかったし、インドも症状は大きかったけど早めに治りました。

日本が遅くかかって、だらだら続いているのも、日本社会全体の鈍りによるものかもしれません。自分のうちの要求を我慢して、周りに合わせたり、なにかに従っていると感覚は鈍くなります。そういう人が多くなっているのではないでしょうか?

風邪は治そうとするほど経過を乱し、偏りが大きくなるというのも同じですね。

人為的で不自然な感染症対策がどれだけ偏りを大きくしたか。

不安や心配が風邪の経過を遅らせるというのも同じです。むしろ「不安」が拡散し、多くの人が感染していったようにも見えました。

社会の偏っている部分や、一人ひとりの弱い部分が明らかになって痛みは出ましたが、色々なことに気付くきっかけになった人も多いと思います。

風邪と同じように、経過を全うすれば社会が新しくなるかもしれませんね。

最初から鈍い人、感応がない人に伝えるのは大変です。 伝わらなそうな人はとりあえず保留しておいて、そのエネルギーで伝わる人に伝えればいいと思います。愉気と同じで、まずは敏感な人、感応のある人に。全体が変わって来たところで鈍い人にも。

愉気をする際は「治してあげよう」「良くしてあげよう」というのも邪気と言われますから、天心で。

マスクもワクチンもしないことを選べるし、自分で終わることができます

大切なのは、感覚を磨いておくことだと思います。

そうすれば違和感に気が付けますし、不自然なことを避けられます。

特に自然に親しむこと、また時のふるいにかけられた古くから残っているものに触れておくと、審美眼が養えます。

不自然なものは淘汰され、本物が残ります。

倫理観が衰えて利欲がせめぎ合い、まさに秩序崩壊のときと言えますが、こういう時こそ、静思して現象の奥底まで見抜かなければなりません。

地上に風が吹き荒れているように見えるときにも、天の運行は寸分の狂いもなく続けられます。

「風地観」易経

我々の体も自然も同様です。

皆様のご健康をお祈りいたします。

未分類

公式ラインを作りました!

サイト更新のお知らせや、季節の整体法など役立つ情報を配信予定です。

twitter始めました!

サイト更新のお知らせや、野口整体のセルフメンテナンスを発信していきます。

体癖アカウントを作りました!

体癖論を学んで、ビジネス、恋愛、人間関係に生かしたい人に向けた発信をしていきます。データを集めたいので、なるべく多くの方にご協力いただけると助かります!

Kanadeをフォローする
おもしろ整体・体癖研究所

コメント

  1. 別にマスクはするけど皆そこまで気にしてないんじゃなんですかね。もうメディアではコロナの文字も見かけなくなったし。ワクチンの接種は慎重であるべきとは思うけれどそこまで否定しなくても…とは思います。もちろん陰謀的な側面や厚労省の利権もあるとは思うけれど、そういった情報にのめり込んでいくと視野も狭くなるし病むしで私は自分から探しに行くのはやめました。

    • そうなんですね!
      まだ打とうとしてる人たちが結構いるって聞いてたんですが、そんなことないんですかね。
      なんか温度差というか、情報差が大きすぎるんですよね。
      仰るとおり、のめり込むと病みますね。
      違和感があったらちょっと調べるくらいが1個人として見るならば健康だと思います。
      みんながそのくらいだったらこんな記事書く必要ないんですが(涙)

タイトルとURLをコピーしました